« 太る実験のツケ?8年ぶりの寝たきりアクシデント | トップページ | 最近リピしてる美健楽な自然食カフェ(都内) »

40過ぎたら老化に抵抗せず運動をスローダウン

今夏の飲み物対策に水出し茶

【写真】今夏の渇きと冷却対策に、水出し茶という新メニューを開発しました。暑くなってきたので、無意識にアイスコーヒーの量が増えていたので、より体によくてときめく飲み物レシピが必要ということで。詳しくは、別記事にて。

BlackBerry from DOCOMO

やっと前代未聞の自立不可能の激しい腰痛から完全回復し、椅子に座って書きものができるようになりました。たくさんのお見舞いクリック、ありがとうございました。

     またもやな下がりっぷり。自業自得ですけど、もしよろしければ、お見舞いクリック↓なんぞを、お願いします。
        にほんブログ村 ダイエットブログへ

腰痛の原因は、腰椎すべり症というもの。長年の腰への無理が蓄積した揚げ句、突然腰椎の骨がずれてしまうという、習慣性ぎっくり腰みたいなもんらしいです。

まあうすうす、予想はしてたんですよ。

私、20-30代の頃に15年間ほど激しいエアロビクスを、日米欧の色んなスタジオで習ってまして、ハマってしまってインストラクターなんぞを目指してたことがあるのです。

でも、若気の至りというか無知のせいで、床やシューズのクッションがよくないのに、ランナーズハイで3時間以上、走りまくってたりしたの。その結 果、軽い腰痛がクセになって、年を取ったら老化と相まってなにか腰のあたりに後遺症がでるかも~とは、思っていたのです。やはり、来たか。

激しいエアロビクスやらジョギングというのは、無茶がやれる体力がある20代の頃に、ちょこっとやって、型だけマスターしておくべきもの。年齢を重ねたら、やり方や激しさはマイルドにスローダウンしていくべきだと、体でわかりました。

一般的にも、一世を風靡したエアロビクスブームは、もうないでしょ?日本や先進国では高齢化が進んできたので、エアロビクスなんて激し過ぎる運動 は、みなやれない、やらないほうがいいと、体でわかってきた。だから、ブームは終わったんだと思います。エアロビクスは、1-2年で終わる短期的な”ブー ム”というようはずっと長かった。1984年あたりのダンス映画ブームから始まって2005年あたりで終わったと、20年ほどは続いていたから、長期的” トレンド”というべきかな。

というわけで、40代以降の私は、20-30代の頃にかじったエアロビクスやジョギングを元に、アクアビクスやウォーキングへ。また、ジョギング も、スロージョギング(歩き走り)という、マイルド運動へ。大人は若いころの運動にしがみつかず、スローダウンすべきだと思います。

でも、若いころから激しい運動をやっている運動オタクの人は、このへんのかげんがわからない。いや、年をとって体力が落ちてスローな運動に落とすのは、自分の老化を認めることになって、嫌らしい。いつまでも、20代がするような運動にしがみついているのです。

そういう人って、体型や雰囲気に”かたくなな運動オタク”というオーラがでますよね。肌は日焼けして黒光りし、肉感がまったくない金属みたいな無機質な筋肉や顔つきになってくる気がします。

その一例が一般人ではないけど、あの人。そろそろ話題が終わったから、言ってもいいかな~。数か月前に、40代でヌード写真集を出した、バレリーナの草刈民代さん。TVで、

「このお歳ですごい、彫刻みたいな体型でかっこいい」

なんぞと褒めちぎられていたヌード写真をみて、

「どこがキレイなんだ?しなやかで強いかもだけど、潤いのない無機質な筋肉、体型と肌だなあ」

と、正直、思ってしまった私。もちろん、若いころから一流プリマを張って、精進して体力を鍛えて体と心を研ぎ澄まし、向上を続けていらっしゃる努力は、尊敬いたします。一流アスリートとしては、すごい。偉い。

でも、草刈さんのヌードをみても、キレイだとか、うらやましいとかは、全く思えませんでした。美術質の石膏像をみてる感じで、色ツヤ、柔らかさというものが皆無。男みたい。ぎすぎすしてる。ムダがなさすぎ。

まあ一流のアスリートがずっと現役で一線を守るために作り上げたストイックな体なので、普通の女らしさとか潤いなんかとは無縁でOKなんでしょう。

一般人の例でいえば、うちのスポーツクラブに、若いころからテニスをやっているという50代、60才前?くらいのおばさまがいるんです。その人の体 型が、真っ黒でむきむきの筋肉質で、草刈さんみたいなの。このお歳にして、毎日3-5時間ほどテニスをしているという有閑マダム。私にとっては、全く魅力 のないぎすぎすアスリート体型。

周りの普通のおばさんたちが、

「○○さん、健康的ねえ。若いわね~。やせててうらやましい」

といっているのを横目に、

(そのお歳でそこまで激しい運動を続けていたら、そのうち大きなケガするぞ~。いい加減、年相応の運動量にスローダウンしたほうがいいのに)

と、心の中でつぶやいていたりする。まあ、他人の美健楽には、頼まれない限りコメントしないことにしてるのですが、おばちゃんたちに同意を求められるのがつらい(苦笑)。どっちかというと、私の好みでない美しくはない体型の方なので、健康かもだけど美的じゃないから。

でも、おばちゃんたちも、健康的とかやせてる、若いとかは評しても、キレイだとは絶対言わないんですよね~。やはり、美<<健康だとは、ちゃんと分かってるのか(笑)。

というわけで、自分の腰痛が教えてくれたこと:

★30-40代をすぎた大人は、若い頃の激しい運動に”しがみつき”すぎず、老化に合わせたスローダウン、ペースダウンした運動に落としていくこと。

★特に腰痛は、風邪の次にかかりやすい病気なので、天然のコルセットを作るべく、腰椎まわりの筋肉(腹筋、側腹筋、背筋)を鍛える運動を、今後プラスしていくべし

★下腹部に脂肪をつけちゃうと、腰椎すべりが発生しやすくなるので、下腹部は常に軽くスリムにしておくこと

などなどのアンチエイジング・エクササイズ要素をプラスしていきます。ではでは。

     もしよろしければ、お見舞いクリック↓なんぞを、ぽちっとお願いします。
        にほんブログ村 ダイエットブログへ

6月 22, 2010 40【4運動分野】 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/48693532

この記事へのトラックバック一覧です: 40過ぎたら老化に抵抗せず運動をスローダウン:

コメント

コメントを書く