« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

旬のさんまでオメガ3の天然サプリ摂取してますか?

おはようございます。ひんやりとした曇り空の朝。蒸し暑い夏日も、昨日までで終わり。9月23日の今日から、東京は本格的に秋になる模様です。

Vegikosanma

秋といえば、旬の食材の収穫の時期。東京のどまんなかにいるとはいえ、恵比寿近辺ではいろんな収穫絡みのお祭りがあります。

目黒では、有名な大きなさんま祭りが2つ。でも実は、恵比寿でもとなりのさんま祭りというプチ祭りが、今年は10・3日曜にあるそうな。地元の商店街がタダで秋刀魚を配ってくださるようで、目黒のよりは列が短いかも?また、恵比寿特有の隠れ家的レストランや飲食店も出店するようなので、散歩がてらにのぞいてみようと思っています。

さんまは脂がたっぷりでカロリーは高いものの、青魚の脂なのでいい脂。美健楽なオメガ3脂肪酸がたっぷり取れる自然のサプリですわな。

外国産のばか高い亜麻仁油なんぞをちまちま飲んでいるアンチエイジャーも、国産のえごまオイルで取っている美健楽マスターな私やダイエッターも、秋ばかりは旬の生さんまを食べて自然のオメガ3を摂るのは、自然の摂理にかなっています。東京はこの2週間ほどが旬のピークなので、せっせとたべましょうね。

↑の写真は、先週食べた宅配キッチンカーのベジコ(VEGIKO)さんのお弁当、新さんまのベトナム風・もっちり玄米ごはんのせ。ベジコさんは藤沢あたり在住で、

   ブログ村ランキングダイエットへ続く

今は生さんまが一匹100円なんですって。東京恵比寿では、ようやく380円に下がった~と喜んでいたのに、がくっとなりました。ことしは秋刀魚が不漁だというので、このあたりが底値かな。昨年は東京でも一匹200円くらいまでは下がった覚えがあるけど。

とまれ、ベジコさんのお弁当は、美味しくて健康的な野菜・玄米の草食系・7割ベジタリアン。なのに加え、楽・楽しい要素であるハーブやスパイス、そしてエスニックなひねりがあるところが大好き。

生秋刀魚といえば、炭火で焼いてすだちをかけ、玄米派の私にしては珍しく、白いごはんで食べるのが大好き。こういう脂ぎったものや、新鮮な魚肉系に は、くせのない炊き立て白米が素材の味を引き立てるので合うのです。だからもう栄養的にはカスの白米が美味しいと思えなくなっている私でも、お寿司や脂の 多い魚や肉をたまに食べるときは、美味しい白米ごはんを買います。月に2-3回だけどね。

だから実は、ベジコさんの秋刀魚+玄米をみたときに、正直、うーん、これは合わないかもと思っちゃったんですよね(ごめんなさい、ベジコさん)。と ころが、食べてみたら、合っている!ああっ、あれと同じ原理かと笑っちゃった。北欧近くで食べた、生のオイルサーディン+黒いライ麦パン+玉ねぎのマリネ のサンドイッチという伝統料理と、同じ味わいの組み合わせ。

脂っぽい魚は、玉ねぎやハーブなどの香りが強いものまみれにしてしまえば、味の濃い茶色のカーボ、黒パンや玄米などとも、無理やり(笑)あわせて食 べられる。いや、美味しい組み合わせ変身する。これはベトナム風だろうが、北欧だろうが、世界の伝統料理法の智恵なんでしょうね。

昔は今の先進国も貧しかったから、黒パンや玄米が普通。そして輸送方法のない時代は新鮮な魚もぜいたく品だったから、やや古い魚を滅菌や消臭作用のあるハーブと魚の脂でマリネ状態に。そうすると美味しくて安全な組み合わせになることを、人間は体感的にあみだしてきたんだなあと、祖先の努力に思いをはせました。

そのあと、美健楽ごはんシェフ仲間なベジコさんに、この話をしたら、

【そうなんですよね~、実はこのレシピなら、さんまが新鮮な生である必要はないんです。冷凍ものでも、美味しくできちゃうから(笑)】

とのこと。いやいや、謙遜してますが、あえて生の新さんま、旬まっさかりでつくり、さらに新鮮なハーブ(特に生のレモングラスの風味が美味しかった!)をあわせる、ダブルぜいたくだからこそ、美味しさMaxになるんですよ。旬のこの2週間しかできない、お手頃価格なぜいたくですけどね。分かる人にしかわからない、ちょっとおしゃれな通好みのぜいたくごはんです。

このベジコさん、東京や横浜の決まった場所に日替わりで出動し、キッチンカーで作りたてのお弁当をだしています。最近人気上昇中で売り切れも多いので、私はメルマガでその週のメニューを知り、電話予約してから、月曜の中目黒まで自転車で20分かけて買いにいってます。

自分では作れない、凝ったハーブやスパイスてんこもりの、美健楽なアジアンエスニック弁当。これだけ自然食で7割ベジタリアン、しかも生野菜と温野 菜てんこ盛りというお弁当は、なかなかないのです。仕事が忙しくて自炊のヒマがなくなったときの、私のお助けデリでもある。ご興味ある方は、

★ベジコさんの HPで近所の出店場所をチェキして、買いに行ってみてくださいね。ではでは。

   
本物のホリスティック美健楽法の目利き
美健楽マスター協会第一回勉強会10/15-16・参加募集中!
ご興味のある方も、
    1日1回の応援クリック↓をお願いします
        にほんブログ村 ダイエットブログへ

9月 23, 2010 23 食事(バランス系) | | コメント (0) | トラックバック (0)

正しいダイエット法や食材を見分ける達人的新基準

欧米発・美健楽マスター協会のブログ、更新しました。
ダイエットより大きなカテゴリの、ちょっと美容健康・ウェルネス寄り、マニアックなネタです。

【Q ホリスティック(療法・セラピー)には確実な有効性エビデンスが必須? 】

最近、イギリスの伝統民間療法であるホメオパシーやフラワーレメディを、自己流で取り入れて健康被害をうけたり、効果がまったく感じられないという苦情がふえているらしい。

その理由と対処法を、北米の国家資格・自然療法ドクター(日本の薬剤師)とも話しつつ、分析しています↓
 http://ow.ly/2GBLl

でも、これって、ダイエットや食事法や健康法の世界では、あたりまえに起きていることなんですけどね。私も昔の恥をばらすと、

★3日間、ステーキ1枚を毎食食べる、今の伊達式ダイエットみたいな肉食至上主義・ローカーボダイエットをやって、栄養の偏りでぶっ倒れた。


    ブログ村ランキングダイエットへ続く

★りんごは医者要らずということわざが根拠の、りんごだけを食べるダイエットをやって、お腹すきすぎて反動どか食いした

もすこし歳をとって賢くなってからは、

★北米で大人気だという、アトキンスダイエット(極端なゼロカーボダイエット)をやって、これまがカーボ制限がきつくて、反動どか食いして失敗

★NYで流行り始めていたローフードダイエットにもいち早く飛びつき、生煮えの豆をがりがり食べて、豆の毒素に当たって軽い中毒に苦しんだ。

などなど。伝統的に体にいいとかダイエットにいいといわれる”健康食品”や”特定ダイエット食材”をぶらさげられると、脳が思考停止して、薬じゃないから大丈夫だろとお口にいれてしまう。

冷静に考えると、こういった伝統的健康食材や、新しくでてきた新食事法には、医学的データ=有効性エビデンス(それがダイエットに効くか)は、ほとんどな いんですけどね。だいたいりんごでやせるなら、青森県はやせた人しかいないはずだっちゅうの。ステーキでやせるなら、アメリカ人、やせまくりだっちゅー の。

まあダイエットする人は、普通、健康な人か未病な人なので、こういうxxだけとか極端な食事法を実践しても、体力あるから死にはしない。てか、死ににく い。ですが、拒食や過食などの病気の人が自己判断でこういうダイエットをすると、弱ったからだにガーンとこたえ、命にかかわる危険も。

つまり、病気の人と
健康または未病の人
とのダイエット法の選び方や基準は、違って当然、ってことですね。

従来の栄養士や医師の指導するダイエット(食事法)は、基本、病気の人むけ。だから、従来の栄養士や医師が、今まで接してきた病人ではなくて、予防医学や アンチエイジング医学で健康・未病人にダイエット指導すると、保守的になりすぎたり、つまらない病人食レシピをお勧めしたりするんですね。健康・未病な人 は、カロリーという量よりも、なにを食べるかという質のほうが大事だったりするんです。

また、ダイエットに効くというエビデンス(医学的データ)がないと、伝統的健康食品でも認めない、食べるな、といったデータ志向になりすぎてしまったりする医者も。

私達、ダイエッターの立場からいえば、データがあろうがなかろうが、理由がわかろうがわかるまいが、とにかくやせるという効果があればいいんだよっ!つべ こべいうなっ、とびしっといいたくなりますけどね。データや数字、論理的思考大好きな、頭でっかち、あっ失礼、な人たちにはそれは許されず、これだから女 は非論理的だとか、いわれてしまうわけです(苦笑)。

ともあれ、ホリスティック美健楽法も、ダイエット法(美健楽法のひとつ)も、

★有効性と有害性について、エビデンスがあるか?

のレベルも、それなりに大事。そしてそのどこのレベルで、自分が実践すると決めるか?も大事。

実は現在の日本には、この基準が存在していない。だから、基準やエビデンス・データをそれらしくでっち上げた、あるある大事典やみのもんたに、だまされちゃったのです。でも、北米のホリスティックな美健楽人たちの間では、なんとなく暗黙の了解になっている基準がある。それをフォーマット化して覚えやすく使いやすくしようと、現在、美健楽マスターたちと奮闘中です。

そのレベルを覚えたら、

+なんらかのダイエット法やダイエット食材をみたら、それが自分のダイエットにとりいれてもいいか、だめか?という自己判断が、ある程度自然にできるようになれる、はず。

+かつてのお馬鹿ダイエッターたちのように、TV健康番組や健康タレント、自己流健康法カリスマに影響される確率が減るのです。

というわけで、基準のまとめ記事を、近日更新予定。でもこれ、美健楽にもダイエットにも役立つ内容だから、このブログにかくか、美健楽ブログに書くか、悩むとこだわ。まあどちらもみてやってくださいね。それでは。

    みんなで広げよう、
本物のホリスティック美健楽法の目利き
欧米発・美健楽マスター+卵の輪(和)!
ご興味のある方は、
    1日1回の応援クリック↓をお願いします
        にほんブログ村 ダイエットブログへ

9月 20, 2010 20【2食事分野】): | | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヶ月ぶり更新:欧米発・美健楽マスター協会立上げです

    2ヶ月ぶりの更新です。7-8月と、ブログの更新をストップしておりました。個人的メッセージをいただいた読者の方、ご心配かけてすみません。

    ひと夏、このダイエットブログの更新をやめていた理由はいくつかあります:

Akivegisalad

【写真】今日の桜子のお昼ごはん、秋の旬の野菜ときのこの焼きサラダ・すだちドレッシング

理由その1.ダイエットから美健楽へ興味が移り、ライフスタイルを組み直していたから

    この夏は、私の興味がダイエットからもっと一般的な美健楽=ウェルネス志向に向いてしまったという、大きなチェンジがありました。自分のダイエットなライフスタイルを、もっと美健楽なライフスタイルに組み替えていたので、そのための夏休み、って感じでしょうか。

    もう狭義の意味でのダイエット、痩せる単にやせることが、ベスト体型を保てている今の自分に必要でなくなってしまった。それはうれしいような、ちょっと寂しいような。あと3KGやせてベスト体重に戻さねば~と騒いで、いろんな新しいダイエット法を調べるのは、実は趣味だったのね~(笑)と、気づきましたわ。

    今でも新しいダイエット法や理論を調べるのは好きでやってるんですが、自分で試して体感できないからつまらない。というわけで、ダイエットをサポートする仕事に、もっと力を入れようかと思っています。他の人に試してもらってやせていただくと、あなたも私も嬉しい、はず

    理由その2: というわけで、新しいプロジェクトを3人の美健楽のプロたちで始めることにしたので、その組織作りに時間をかけていました。その名も、

    ★欧米発・美健楽マスター協会
    Holistic Beauty & Health Master Institute(略してHBHマスター協会)

     これは、欧米の有名ホリスティック栄養健康学や、代替療法スクール、ヨガのセミナーなどで学んできた、

    ●3名の「美健楽マスター(美と健康法の目利き)」が集まったチーム。

    +日本の薬剤師で、
     カナダ在住自然療法ドクターのAki、
    +NY在住20年の美容研究家で
     バイリンガルチルドレンを3名もつ
           バイリンマムのHarumi、
    +そしてビジネス健康コーチ
     &グリーングルメシェフのSakura-co

    の3名です。私たちの共通点は4つのB、

    Bikenrakuな(美健楽)
    Business personで(美健楽を教えるプロ)
    Bilingualかつ(英語で欧米の上流階級と交流できる)
    Balanceの(ひとつの美健楽法に偏らない)
    とれた視点をもっていること

    ブログ村ランキングダイエットへ続く

    みんな欧米に長いこと滞在して、ホリスティック医学、栄養学、運動学、エステマッサージなどを老舗ホリスティックスクールで総合的に学んでいるのはもちろん。それを実際にやっている欧米の美健楽マスターたち、美と健康にお金をかけるビジネスエリートやセレブといった上流階級のひとたちと仕事をしています。

    今、日本にもホリスティック医学やら美容学が、欧米から少しずつ入ってきていますし、自称美や健康、アンチエイジングのカリスマもたくさんいますよね。ですが、たいがいの場合、個人的体験を元にしていたり、欧米から翻訳された知識を本で勉強したりで、実際に欧米の最先端ホリスティック美健楽な生活を知っている人、というのは限られていると思います。なぜなら、やはり英語がネイティブ並みに使えて、しかもあちらの上流階級と働くチャンスがなければ、最先端の本物のホリスティックなライフスタイルは、体得できないからです。

    また、ひとりで日本で勉強したり、数千万円を美健楽の食事やトリートメントに費やして、自己流のダイエットや健康法、アンチエイジング法に到達した人は、人気ブロガーさんにはよくいますよね。私もかつてそのひとりでしたが、その時こう思いました。

    ‐自分ひとりで到達した美健楽の悟りは、所詮主観的で客観性がない。つまり、私にはよかったけど、あなた(クライアント)には同じ方法がいいとは限らない。人様にお教えする立場になるには、欧米の老舗スクールに専門留学して、あちらのホリスティック資格を取るべきではないか?

    と。さらに、

    ‐人気ブロガー、美や健康のカリスマとちやほやとファンに持ち上げられると、人間弱いもので、妙に教祖化したり天狗になっていくものです。客観的に批判してくれる人が減り、うっとりとついてきてくれるファン、そして狂信者ばかりが残って、これまた独りよがりな美健楽法になってしまう

    というわけで、私が考えたのが、

    +欧米の老舗スクールやセミナーで、ホリスティック栄養健康学を英語で直接学び、しかもそういう美健楽人たちと直接生活している、していた達人たち、「美健楽マスター」。そういうひとが複数人集まって、お互い学んできた美健楽法を、客観的にまとめて、お互い主観的・教祖的にならないように、バランスをとって切磋琢磨していこう。そして、留学できない日本の美健楽に興味をもつひとたちにも、本物のホリスティック美健楽法を伝えていこう。自分の体と心を美健楽に自己管理したいひとたちを、サポートしていこう。

    ということでした。三人は、東京、関西、カナダと別々に住んで、美健楽をサポートする仕事をしています。定期的にビデオミーティングを行って、欧米日の最先端ホリスティック情報を交換したり、格付け評価したり。各自の御客様へ、美と健康をアドバイスさせていただくお仕事に役立つような、共通テキストも作成中です。

    というわけで、私たち3名で始めた欧米発美健楽マスター協会。多分、私たちのような、

    +留学経験者で美健楽を教えているコーチ、トレーナー、セラピスト、ドクター、料理家さんたち、
    +または欧米の本物のホリスティック美健楽に興味をもって、いつかは留学したいと思っている人、
    +人に教えるまではいかないけど、美健楽マスターになりたい人。自己流のホリスティック美健楽法に自信をもちたい人、

    は、日本でも増えているんじゃないかなと思います。そこでそういった美健楽マスターまたはマスター希望者たちを集めて、

    ★第一回美健楽マスター勉強会を
    2010年10・15(金)に
    18:30-20:30
    東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催
    (参加費3500円予定)

    することにしました。詳しい告知や協会のHP等、急ピッチで建設中ですが、とりいそぎこちらで速報させていただきます。ご興味のある方は、ここをクリックして桜子までメールにてお問い合わせください。

    2ヶ月ぶりに更新したと思ったら、いきなりのプロジェクト告知で驚かせて(?)すみません。実はこれがらみで10月17日から海外へ出張したり、いろいろばたばたしております。新しい美健楽マスターのブログを2つ、テストオープンするので、そちらのほうがより頻繁に更新するかもしれません。

    こちらのダイエットブログは、ダイエットネタに絞って、不定期更新になりますが、ダイエットもウェルネスも基本は一緒。美健楽マスターな生活していたら、自然に痩せるものだと思うので、よろしかったら新ブログやサイトのほうへもお越しください。新サイトやブログのご案内は、今週から来週にかけて、こちらのブログでも告知します。またのぞきにきてくださいね。

    すでに、欧米日のホリスティック美健楽法にご興味がある方々から、個人的に問合せを多数いただいています。勉強会は定員15名なので、近所の方々の口コミだけで埋まっちゃうかも。欧米留学から帰国ほやほやの美健楽マスター仲間たちも参加予定なので、あちらの最新のトレンドや美健楽マスターとはなんぞやを、おしゃれなガーデンプレイスのサロンで、優雅にお茶しながら語り合いましょう。それではまた。
    。

    みんなで広げよう、
本物のホリスティック美健楽法の目利き
欧米発・美健楽マスター+卵の輪(和)!
ご興味のある方は、
    1日1回の応援クリック↓をお願いします
        にほんブログ村 ダイエットブログへ

9月 18, 2010 01【初めての方へ】 | | コメント (0) | トラックバック (0)