« 腹筋はおなかの脂肪に効かない!説に賛成 | トップページ | デブ悪循環を断ち切る小中大リセットロ習慣 »

デブモード「快感」と止められない止まらない「中毒」

    12月に入ってから、ようやくヤセスパイラルに戻れて、11月のデブスパイラルの重たい気分と体感が嘘のように、体と心が軽くなってきました。そう、11月の1カ月、ちょっとストレスの高い英語での長文書きという仕事があって、意図的にデブになっていたのです。というか、デブにならなきゃ、その仕事が完遂できないくらい、ストレス大な仕事だったともいえますね。
    IMG00436-20101113-1029.jpg写真は、ドーナッツプラントの超高カロリーな限定品、キャロットナッツドーナッツ、クリームチーズ入り。食べてみたら、アメリカでの定番、キャロットマフィン+ナッツ+NYチーズケーキの味だった。重たいな~。こういうデブジャンクを食べられちゃうのが、デブフード中毒になっている証拠。ヤセモードに戻れた今では、1/4でうっぷとなる位です

    デブスパイラル(デブモード)とは、簡単にいえば、カロリーの高いもの、ケミカル度の高いもの、白い精製カーボや白砂糖系のものを、無限に食べ続けたくなる気分になる。そしてそういうジャンクフードが、「止められない、止まらない」のデブフード中毒になって、無限に太り続ける悪循環のこと。

    でもね、実はこのデブモード、必要「悪」なときもあるんです。今回の私は、あまりにストレスの高い仕事だったので、そのストレスに打ち勝つための体力(体のエネルギー)とごほうび(心のエネルギー)が必要だったみたい。 具体的には、頭が英語になっていて、しかもかなり神経を使う文章を書いていたので、イライラする。そうすると、体の中心にどーんと重たい脂ぎった食べものを置いて、それをバネにイライラを乗り越えて、仕事を完遂しようとする。そういう体と心の状態になっていた。

    だから、美健楽生活では食べたいとも思わない、市販品のドーナッツとかコンビニの揚げ物ファーストフード(セブンイレブンのコロッケとかね~)とか、油ぎった白カーボ、血糖値や血圧をどーんと上げてくれるジャンクパワーが欲しくなっていたのです。

    しかもそれを食べたら満足するか?といえば、大間違い。

    ブログ村ランキングダイエットへ続く

    こういう高カロリーなだけの、栄養分の偏ったジャンクフードは、食べれば食べるほど止まらなくなるという、中毒症状が起きますからね。だから、食べても食べても、体の摂取カロリーは上がるのに、心の食欲がおさまらなくてひもじい。まるで食欲というバケツの底ガ抜けてしまったみたい。というような、心の空腹の気持ち悪さを、久しぶりに味わいました。

    か●ぱえ●せんの、「止められない、止まらない」っていう有名キャッチコピーがあるでしょ?あれって実は、ジャンクフードの中毒症状を見分ける、いい目安なのです。自分で自分の食欲行動がコントロールできない。止められない、止まらない。しかも、他の人から異常に思われるほど、同じものを一気食いしちゃうというのは、立派なデブフード中毒=軽い病気、だと覚えておきましょう。

    でもね、このデブフード中毒、悪いことだと頭でわかっていても、その瞬間、短期的にはすっごい快感!で、仕事のパワーになるもんだから、困ったもんだ。太る状態、デブスパイラルの状態というのは、本人にとってはかなりの快感なんですよね。だらだら~と動かず、重たい体をどっしり据えて、好きなものを食いまくる。

     この快感を一言で表現すると、
    ★まったりどっしり快感というか、
    ★血液ドロドロの快感というか。

    今回の私も、かなりのまったりどっしり快感を欲求し、特にドーナッツプラントのドーナッツと、カラムーチョと、コロッケにハマりました。美健楽生活だったら、1カ月に1個食べるか食べないかの油+白カーボを、1日4つとか食べていたから、そのストレスっぷりは理性を取り戻しヤセスパイラルになった今思えば、すごかったです。

    その結果、一時的にベスト体重+4KGという、+3KGまでの安全ラインを、6年ぶりくらいにオーバーしてしまったと思う(思うというのは、怖くて体重測定できなかったから。でも体感で分かる)。けれど、今まで6年間の美健楽生活でのスリム習慣のおかげの貯金があるから、普通の人よりは太りにくいペースだったのが、不幸中の幸いでした。 1カ月で4KG、まだましかな。

    この6年ぶりの、私にしてはひどい規模のデブスパイラル、どうして抜けだしたかというと、

    ★「リセットロドリンクでの小中大リセットロ」のうち、中→小リセットロをしました。

    仕事が一段落した11・29に、自宅で自分で中リセットしロて、そのあと小リセットロを続けています。これがきっかけで、ヤセスパイラルの快感、

    ★さらさら軽早(かるはや)な快感で、
    ★血液サラサラの快感

    へと、ころっと気分とモードが変わりました。で、気分が変わると、行動も、二重人格のように変わったんですよ。

    xデブスパイラルのときは、一気に3個食いして、それでも食べ足りなかったドーナッツが、

    ◎ヤセスパイラルになると、1個の3/4ぐらい食べたところで、自然に手が止まる

    って違いになるんです。我慢しているというよりも、自分の体が美味しいと思えるカロリー摂取レベルで、自然に手が止まる。そして残りは、あとでゆっくり食べようという、コントロールと理性を取り戻せるわけ。自分の体の声を聞けるようになる、ともいえますね。また、自分の中からもうひとりの自分が抜け出て、自分の頭の右上から見下ろして、冷静に観察、分析、そしてコーチングしてくれている感じ。NLP心理学用語では、Disassociate(自分から離れる)という、客観視の状態です。

    この「リセットロドリンクでの小中大リセットロ」、小中大と3種類あるのですが、詳しくはまた次回の記事で。今、初心者向けの美健楽コーチング用にまとめなおしているので、その原稿を兼ねて記事にします。ではでは 。

    美健楽の考えを広め、メタボや鬱を減らすために
    1日1回の応援クリック↓をお願いします
        にほんブログ村 ダイエットブログへ

12月 2, 2010 21 食事(断食系) |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/50191711

この記事へのトラックバック一覧です: デブモード「快感」と止められない止まらない「中毒」:

コメント

コメントを書く