« バンクーバーより初更新!よりホリスティックな美健楽ダイエットへ | トップページ | USとカナダの最先端美健楽人も認めた、プレート比率とは? »

地産地消の100マイル・ダイエット

    おはようございます。カナダのバンクーバーより、桜子です。昨日の記事の続きで、

    ★「日本での地震・放射能汚染の健康被害に対して、ホリスティックな自然療法でなにができるか?なにをしたらいいのか?」

    についての答えを書こうと思いましたが、このブログのダイエットテーマとはかけ離れすぎているので、やめにします。この続きと答えは、国際・美健楽マスター協会のホリスティックブログのほうに、近日中に掲載することにしますね。ご興味ある方は、そちらをどうぞ

    ★美健楽マスターたちのホリスティック話(クリックするとリンクへ飛べます)

    さて、カナダで人気のダイエットは?と、ローカルのひとたちに聞きまわってみました。

    が、今のところ、本屋さんや図書館でみつけた、はやっているっぽいダイエットとは、

    ★100マイル・ダイエット

20110423_50

20110423_34

【写真】100マイルダイエットと関係が深いのが、農家の朝市=ファーマーズ・マーケット。写真は、4月末にでかけた、バンクーバー郊外の冬限定のファーマーズマーケット(朝市)。写真をじっくり見るとわかりますが、アメリカ人のように超肥満のひとがいないっ!小さな野球のスタジアムのそばで開かれ、どこかノスタルジックかつおしゃれな感じ。観光客はほとんどみかけない、地元の人ご愛用の可愛くもレベルの高いマーケットでした。

    つまり、自分の住んでいるところから、100マイル(160KM)以内でとれた農作物や肉魚をなるべく食べよう!

    という、地産地消を勧めるローカルダイエットくらいかなあ。

    意外に、「私ダイエットしてますっ!」と躍起になっている人がいないのです。また、アメリカと違って、100KG以上の超肥満(BMI的に病的とされる極端な肥満体)のひとを、街中でもあまりみかけません。日本人より背も高くて体格いいなあ、たしかに日本にいたらちょっと太めかも?と思う人たちは多いのですが、

        ブログ村ランキングダイエットへ続く

    彼ら彼女らに尋ねると別に太っていることを気にしていなさそう。さらに、健康的にも肥満の問題があるわけでなく、すこぶる健康。つまりは、自分自身で自分の美健楽に満足してる、って感じです。

    多分これは、わたしが今住んでいる地区がキツラノという、美健楽志向でちょっとお金もあるおしゃれなひとたちが集まる中心地だから、という理由もあると思います。私はNYにいたときも、ユニオンスクエア近辺という美健楽志向の中心地に住んでいました。自分自身が美健楽好きなので、そういう同行の士が集まるとこをかぎつけて、住んでしまうんですよね。

    この町以外の、もっと一般的な中産階級やブルーカラー、肉体労働のガテン系のひとたちが住む郊外にいけば、アメリカ人同様にピザやハンバーガー、アイスクリームにステーキをドカ食いして、思い切り太っているひとたちがいるのかもしれません。

    でも困ったな、これじゃあ、ダイエットブログのネタがない。。。みんなダイエット=やせたいと思っていなくて、美味しいものを食べつつ健康で美しくなりたい!という、美健楽=ヘルス&ビューティー、つまりはウェルネス志向なんだもんなあ。私がかつてたどった、

    「ダイエットの悟りに到達すると、やせたいよりもヘルス&ビューティで楽しく(美健楽に)生きたくなる」

    という過程を、ここバンクーバー、少なくともキツラノ地区のひとたちは、とっくに悟ってるみたいなんですねえ。

    というわけで、ここはダイエットテーマをみつけたときのみの不定期更新。美健楽=ウェルネス関連の記事が増えそうなので、美健楽マスター協会関連のブログにUPする機会が増えると思います。

    さて、さきほどの100マイルダイエットに話を戻すと:

    ここバンクーバーでは、美健楽志向が強いニューヨークや南フランス、カリフォルニアに続いて、ファーマーズマーケット(農家の朝市)がおしゃれに組織的に変身中らしい。ファーマーズマーケットは、グリーンマーケットとかオーガニックマーケットとも呼ばれますが、私は大のマーケット好き。欧米にいくと必ず、その土地のファーマーズマーケットを探し出してでかける、マーケットフリーク(オタク)でもあるのですよ。

    上の写真は、ここバンクーバーにきて3日目にでかけた、冬限定のファーマーズ・マーケットの写真。4・30でおしまいだったところを、23日、30日と2週連続ででかけました。今までいったマーケットのうちTOP3に入るほど、なかなか素敵なマーケットだったのですよ。

    地元産(ローカル)で
    旬(シーズナル)
    新鮮(フレッシュ)かつ割と
    有機・無農薬(オーガニック)

    という農作物や畜産物を売るファーマーズマーケットは、11-4月の冬の間は開かれないことが多いのです。外で商売するのは寒いし、なにより売るものがないもんね。ですが、私のような熱烈なマーケットファンのために、ここバンクーバーでは、冬限定のマーケットというのがあったのです。

    本格的なファーマーズマーケットは、今月5月から、市内の4か所で週1回開かれます。私のいるキツラノ地区でももちろん朝市が。しかも、うちから徒歩5分のとこですもんね(それもあって、この家に決めたというつくづくマーケットフリークな私)

    とまれ、この冬限定マーケットもすごくよかったのでそのレポと、

    ★地元の旬の野菜を食べたら、なんでダイエットになるの?やせるの?

    という素朴なダイエッターの疑問については、次回、マーケットの写真と解説とともにお届け予定です。それではまた。

        美健楽を目指したい方も伝えたい方も、
        1日1回の応援クリック↓をお願いします
            にほんブログ村 ダイエットブログへ

5月 22, 2011 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/51735003

この記事へのトラックバック一覧です: 地産地消の100マイル・ダイエット:

コメント

コメントを書く