無料ブログはココログ

2009/02/18

NYでのローフード事情2009と極端2大DIET

    昨日の記事に続き、ローフードの人気・効果についてのご質問への回答です。

    その前に、↓の写真は、マンハッタンで私がたまーに行くローフードデリ・カフェ、BONOBO'S(ボノボス)のローフードのりまき。23rd Stのマジソンスクエアパークに面した南側にありますので、ローフードを味わってみたい方は、ここへどうぞ。単なる“凝った野菜サラダ”ですが、私はこの店のシャーベットのファンです。

    2008-1226-131332.JPG

    2008-1226-130620.JPG

    ★ご質問;ローフードの人気・効果について

    (前半部分、略)
    ニューヨークではすでにローフードは人気がないのでしょうか。
   
    3年ほど前にワイン&なんたら・・・というローフードの店(たしか例の本の著者がやっている)に行きましたが結構混んでいました。
   
    (中略)アメリカのローフードの状況を教えていただければと思います。店がたくさん出来たとも聞いていますが、つぶれているのか・・・突然ですが、よろしくお願いいたします。

    ★お答えその2: NYでの2009年現在のローフード人気は、落ち気味ですが、一部のマニアにマイナー人気が定着。アメリカでのマクロビオティックみたいな位置づけに、なりつつあります。

    質問者さんがいらしたのは、マンハッタンはグラマシーパークにある、【ピュアフード アンド ワイン】という人気ローフード店のことかな。私も2008年に訪問してるので過去記事検索してみてください。この店は、今でも流行ってます。ただこの店はローフードだから人気というよりも、盛り付けや場所がおしゃれだったり、経営者の女性のマーケティングが上手なので、ローフードと知らないで食べにくる一般の人にはやっている、という感じです。私のシェフ系の友人数名がこの店の厨房で働いていたのですが、

    「あの店、ローフードで低温調理といいながら、よく間違えて高温にしていて(加熱しすぎ)、それを平然と店にだしていたわよ。それ見てから、ローフードが信じられなくなっちゃった」

    と爆弾発言してました。まあね、ローフードの酵素が体に必要だからなんたら。。。といううんちくはよさげでも、その効果は実際は体感しにくいですから、加熱しすぎた食べ物を客にだしても、わかりません。

    体感できないので、こういう酵素系のダイエットは、うんちく・知識にだまされやすい、いやだまされていたいダイエッター、アンチエイジャーやサプリ・コスメマニア向けです。”酵素が素晴らしい”と信じて食べていれば、プラシーボ効果はあるかも。だから悪いとはきめつけられないんですが、私はうんちくぎらいの体感派なので、ローフードみたいな特別そうな食べ物に、高いお金は払いません。

    ちなみに、NYでローフードの草分けだったレストラン、【クインテッセンス】(これも過去記事にしてあるので探してね)は、数年前につぶれました。でもこれは、ローフード人気が落ちたせいというよりも、オーナーの男性が地下鉄で露出狂的変態行為をしたせい。それをたまたま写真に撮られて、人気ローフード店のオーナーがこんなことをした!と、ブログでさらされてしまった信用失墜のせいだそうです。 当時はローフードがトレンディで人気上昇中だったので、このオーナーも一種の有名人だった。だからネットでたたかれたそうで。まあそういう変態行為をしたのが、自業自得ですけどね。

    ちなみにこのレストランでも私の知り合いが働いたことがあり、このオーナー、かなり性格が極端で変な人だったと言っていました。私の限られた経験だけで誤解を恐れずに言わせてもらえば、ローフードやマクロビオティック、ベジタリアン(ヴィーガン)に100%はまっている人は、やはり精神的にもおかしい、極端な人が多い気がします。

    それ以外のローフードのお店は、まあちょこちょことできてはいますが、1-2年でよくつぶれてます。うちの近くのローフード店なんか、結構好きだったのに3か月でつぶれて、それから3ヶ月後、なぜかまた復活していました。またすぐ、つぶれそうですけどね。こういうローフードにはまったシェフが個人的にやってそうな小さい店は、できてはつぶれしてます。ローフードレストランで数年以上続いて固定客をもち、ある程度有名な店は、ピュアフード アンド ワインくらいですかね。

    ローフードは、極端すぎるし不自然(伝統的ではない)な調理法、しかも体を冷やすので、ファン・リピーターの数が限られます。だからローフードだけでお店がなりたつのが厳しい。よって、持ち帰りメインのデリメニューとして売られていたり、スポーツクラブのカフェとして併設されていたり、健康系レストランでメニューのひとつとしてだされたりしているほうが、近年は多いと思います。まあ、ローフードは”野菜サラダの一種”だと思えば、それも納得ですよね。野菜サラダだけダイエットは、続けるのに無理がありますから。

    NYでローフードが食べてみたい!と思われたら、とりあえずはコスパ悪くて高い(1人50-100ドルくらい)ですけど、【ピュアフード アンド ワイン】へ、話のタネにどうぞ。そこまでお金かけたくないわという方は、上に写真をのせた【BONOBO'S(ボノボス)】へ。持ち帰りメインのデリ・カフェで、お値段も10-15ドルですみます。入口の横にある、白砂糖不使用、ノンケミカルなホームメイドシャーベットは私のお気に入り。それ以外では、健康系やヨガ系のデリ(惣菜店)に、ローフードが置いてあることがあります。

    ということで、ご参考になりましたでしょうか?ちなみに日本でのローフード状況は、どうなんでしょ?新宿のデパートに、資生堂がローフードレストランを数年前にオープン。Living Food協会とかいうものもできたらしいですけど、あまり人気は盛り上がってないみたいですね。資生堂のレストランも、すぐつぶれたという噂を聞いたんですが。

    うちのブログのローフードの過去記事(わりに批判的な内容)に、ものすごーく感情的ないちゃもんコメントを書き逃げする、”ローフード信者”が、時々現れます。自分の名前も連絡先も一切残さない”荒し”で、こういうのが現れるのは、あとはマクロビオティック信者との、2つの極端ダイエットだけなのです。こういうコメントを見るたびに、

    ★やはりローフードとマクロビオティックのマニア・実践者は、極端すぎる、変な性格の人が多いなあ

    と、再確認して苦笑いしています。そういうコメントをしても逆効果で、ローフードやマクロビへの”偏見”を助長することになっているんですね。だから、本当にローフードやマクロビがいいと愛しているなら、それに批判的な私みたいな人につっかかるのは、やめたほうがいいです。

    ローフードやマクロビオティック、100%ベジタリアンなどの極端ダイエットは、思いこみが強くないと続かないので、一種の宗教みたいになってくるよう。だから、宗教の教えに反すること、批判的な人を攻撃したくなるらしい。でも食べ物やダイエットは、所詮自分に効くと自分が信じるものを食べたり実践したりすればいい。他人がどういおうと関係ない、と私は思います。だから、

    ★他人を攻撃・反撃したくなる”極端”ダイエットは、”自分の体と心に悪い”から、私はやらない

    んですよね。なんでも100%完璧主義的に思いつめず、ほどほど、ほのぼのと、せいぜい70%-50%くらいの、”ゆる”ダイエットで行きましょう。それではまた。

    米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。気を抜くとさぼるので、毎日定期更新して!と思ったら、1日1回だけ↓更新催促クリックしてやってください。

    1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2009/02/12

米国CHAYAのベジ和食なお手頃家庭料理が繁盛中!

    去年の夏以来久しぶりに、バークレーの日本食ベジタリアンレストラン、”CHAYA”(チャヤ)に行ってきました。ここは、日本でチャヤマクロビオティクスや日影茶屋、フレンチレストラン等をやっているグループが、アメリカで新コンセプトでだしたお店。このブログでも記事にしてるので、ご興味あるかたはここをクリックしたら、読めます。

    さて前回は、できてすぐに行ったのですが、まだお客さんがあまりいなかった。つぶれてないかなーと心配してたんですが、それがまあ大盛況!日本人よりもアメリカ人、しかも普通のベジタリアンではないアメリカ人たちに大人気!なんですよ。22席しかない小さな店で、入ったときは時間が早めでこんな↓がらがらだったけど、あっという間に満席。しかも列作って、外で待っている人も。

     2009-0205-212317.JPG
    人気の理由は、
   
    +安い値段で(一皿、7-10ドル程度、4人できていろいろ食べても、一人15-20ドル以下に収まるよう)
   
    +日本の家庭料理(手巻き寿司とか、うどん、そば、鍋料理や揚げだしなど)を、うまくベジタリアンにアレンジしてある
   
    +ベジタリアンの物足りなさを、揚げることでボリュームアップしている。その揚げものが上手にできている。手巻き野菜寿司を丸ごと揚げてたのにはびっくりしたけど、これがわりとおいしいの。油を使うとなんでも美味しく感じますからね。

で、私がオーダーしたのは、チャヤ鍋という人気メニュー。日本風すきやき鍋って書いてあったけど、ベジタリアンなので”肉なし”です。その代わり、野菜が14-15種類も入っていて、春雨(たぶん豆でできたもの)と豆腐がプロティンとしてはいってます。すきやきというよりも、醤油と砂糖を混ぜた味付けのスープ。

2009-0205-213535.JPG

    最初は、野菜がおいしくて、当たりだっ!と喜んでました。けど、ずっと食べていたら、なーんか気分悪くなってきた。そこでお店の人に確認してみたら、スープに白砂糖を使っているらしい。ああ、最近白砂糖を本当に食べなくなったから、体が拒否したんだなあ。せっかくいいベジタリアン料理なのに、残念でした。

    ベジタリアンな人たちは、調味料や化学物質に敏感なので、普通のベジタリアンレストランは白砂糖の代わりに、きび砂糖やパームシュガー、みりんなんかを使います。でも

    -ここは、そこまで真剣にベジタリアンではないのか、日本人経営だからなのか、調味料にまで気を使ってはいないよう。

    それとも、ベジタリアンよりも、値段が安いのとあっさり和食ファンの一般のアメリカ人客が多いので、白砂糖中毒気味の彼らに受けるように、白砂糖をわざと使っているのかなあ。ともあれ、白砂糖の味がいやなので、私はもう醤油系味のものは、ここではやめる。でも、野菜の手巻き寿司なんぞはとっても美味しかったので、テイクアウトしにまた来ます。

    ★ベジタリアンだからといって、”健康志向”とは限らない!調味料や化学物質に気を使う”ナチュラル”かどうかも、ダイエット・ウェルネスには必要なのです。

化学物質(添加物や保存剤)にも一種の麻薬作用があって、やめられない止まらないを引き起こしたり、その味なしではまずく感じるようになりますから。典型的なのが味の素(英語ではMSG)ですが、ダイエットやウェルネス料理は、なるべくノンケミカルがよろしいです(拘りすぎると面倒なので、ほどほどに)。

    ここと似た感じで、日本でRF1や神戸コロッケチェーンを展開している、ロックフィールドがサンフランシスコに出したお店もあるんですが、実はそちらにもまた行ってみました。そしたらそこは、うーん、CYAHAとは対照的に、なんか暗いぞ。あまりはやっていない感じ。そちらも今度レポート予定です。ではまた。

米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。この調子で毎日定期更新して!と思ったら、1日1回だけ↓更新催促クリックしてやってください。 

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2009/01/08

ずばりやせるためのスパ料理(写真)と最新スパトレンド

    軽い朝食の実践ココロケアが、あまりリクエストがないので、さくっと別テーマいきます。日本でもスパリゾートという言葉は定着しつつありますが、スパリゾート(デスティネーションスパ)やスパ(デイスパ)、スパ料理ってなにか、正確に知っていますか?私たちが料理学校で作ったものなんですが、最新スパ料理って、こんなやせるためのダイエット料理なんです。(記事後半にもっと写真があります);

    DSCF8278.jpg

    DSCF8252.jpg

    実はこの1月発売予定の某旅行雑誌さんの、

    ★スパの達人に学ぶ、アメリカの最新スパの選び方

    という特集記事に、ご協力させていただいてます。恥ずかしながら、スパの達人ということで、アメリカの最新お勧めスパや、よいスパの見分け方というのをお話しているのですが、そのとき、

    ★一般の日本人にとっては、スパというのは、温泉があってエステやマッサージを受けておいしいもんを食べて、だらだらする場所なんだなあ

    と思いました。ただし、この旅行雑誌さんは、かなり旅慣れた大人の旅行者をターゲットにしているので、

    ★スパ=美と健康のいろんなノウハウを学べる場所

    という、最近のスパトレンドにかなり近い定義づけをしていらっしゃいました。で、実はスパとはなんかといえば、

p>

続きを読む "ずばりやせるためのスパ料理(写真)と最新スパトレンド" »

2008/08/28

SFでNo1朝食カフェの朝ごはん

★9・3現在、ココログ障害で新しい記事が投稿できない状態みたいです。ごめんなさい。別ブログの立ち上げ、急がなきゃ。

===============================

和食食いだめモードも落ち着き、アメリカの朝食が恋しくなってきた桜子@東京です。

NYの料理学校に行く前に、カメラを買い換えました。今持っているカメラでは、ライティングが暗いNYのレストランで、料理の写真がきれいに撮れない。。。という致命的な欠点がわかったから。また、料理の写真は複数枚あるのが普通なので、ソフトなんかも研究中。ということで、こんな写真を作ってみた。

20080828mamas

サンフランシスコの市内にある、【サンフランシスコエリアで一番朝食がおいしい】とZagatに評価された、Mama's on the Washington Squareというカフェです。7月に、アメリカのお友達2名といっしょに行きました。

ここがねえ、おいしかったんですけど、それより驚いたのがその待ち時間。立って並ぶのが1時間、料理がでてくるのが30分。なんと1.5時間も待たされた。平日の朝にですよ。待つのがきらいなアメリカ人にとっては、こんなに待たされる場所はめったにない。アメリカでの待ち時間新記録でした。

味は、そりゃおいしいかったですけど、待ちすぎておなかがすいてたからおいしかったのか、本当においしいのかよくわかりませんでした(苦笑)。でも、アメリカの朝ごはんが大好きな私にとって、こういう店は料理の参考になります。フレンチトーストを卵に浸して鉄板で焼いていたのが、おいしさの秘訣なのね、ふんふん。。。とかね。

写真は、フレンチトースト、パンケーキ、そしてエッグベネディクト(サンフランシスコ名物のベイシュリンプという小さいエビのゆでたのが、てんこ盛り)です。ダイエット?ここにはそんな言葉はありませんでした。ハイカロリー、そして値段もかなりお高い。そのあと、サンフランシスコ市内を3人で話ながら、3時間歩き回ったので、許してください(笑)。

なんかだんだん、ダイエット日記ではなく、単なるグルメ+ちょっぴりヘルシー=ウェルネス日記になってるなあ。まあ今日は、写真のテストでもあるということで。ではまた。

米国の最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。
このダイエットブログも、更新し続けてよーと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2008/08/25

病みつきフード・アニマルフライのワナ

こんにちは。日本に一時帰国中の桜子です。今回はアメリカでの体重増加は避けられたのですが、帰国してから【久しぶりの日本食食い】と、【今後数ヶ月は日本食が食べられないから、食いだめしておこう食い】が始まり、ちょいと体が重くなってきました。でもまあ、その分、いろいろかけまわって動いてもいるので、体重の大幅アップはさけられています。

★今日は、アメリカでこちらに行ったお話を。。。
200808253
★アニマルフライ??動物の揚げ物???怖い。。。
200808251

それにしても日本に帰ると、なんでダイエットや体重みたいな、”小さな”ことが、気になるんでしょう?アメリカにいると、大自然や他のことに気が向いているし、大きな土地で動き回るせいか、太りにくい気がします。ただし、アメリカの大学のように”食べ放題ビュッフェ”があったり、一人前の量やカロリーがとんでもなかったりするので、”自分の適量”を忘れると、すぐ太りますけどね。

本当、アメリカ人の辞書に、”カロリー計算”の文字や知識はないのかなあ?とあきれた一例が、上の写真の食べ物。カリフォルニア中心の小さなグルメハンバーガー・チェーン店の、イン・アン・アウト・ハンバーガー(IN-N-OUT)。もともとドライブスルーのお店だったから、IN(入って)、N(アンドの略、そして)、OUT(出る)という名前らしい。

心理学セミナーを受けたホテルの近所にあって、アメリカ人のクラスメートが、【美味しいから食べてみたら】という。

【ハンバーガー、あまり好きじゃないんだよね。でも、デブフードの研究になるし、なにか”健康志向”のものが、そういうジャンクフード店にもあるかもしれないから、行ってみようかなあ。】というと、

【あそこには、健康志向なメニューは絶対ない!かけてもいい!】

という話になりました。というわけで、私としては、ほんとに美味しいのか、近頃の健康志向を反映したメニューがなにかあるのか、確認すべくでかけたわけ。

で、そのアメリカ人の友人が、【看板のチーズバーガーと、隠れ看板メニューのアニマル・フライを食べておいで】

というので、オーダーしてみた。それにしても、”アニマルフライ”ってなんだ???なんとなく、アニマル。。。獣肉。。。こうさぎや鳩なんかの肉がフライになって、ポテトと一緒にでてきそうな、怖い響きが。。。しかも普通のフライが2ドル台というのに、これ3ドル以上、1.5-2倍くらいするの。高い。しかもメニューに載ってないじゃないの、あっ、だから、隠れメニューか。

アニマル・フライの正体は、
200808252

てんこ盛りのフレンチフライに、
いためたたまねぎ、刻みピクルスを載せて、
とろけたチーズものっけてさらに、
クリーム系のサウザンドドレッシングをしこたまにかけたもの
でした。フレンチフライだけでも揚げ物なのに、そこにさらにへビーなチーズとこのドレッシングとは、すっ、すごい。多分これだけで1000キロカロリー近くあるぞ。もちろん、鳩肉みたいな獣肉は入っていませんし。

でもこれがなんで、アニマルフライ?正確にはアニマル・スタイル・フライというらしいのだが、なぜ?ポテトの代わりにハンバーガーにもこの味付けができる、アニマルスタイルバーガーというのも、注文できるらしい。

でも、あまりの繁盛店で、店員さんに名前の由来を聞く暇がありませんでした。あとでネットで調べてみると、ここ、かなりの中毒者が多くて、アメリカ人のブログ記事もいっぱい。【病みつきになるくらい、動物のようにがつがつ食べてしまうスタイルだから】ってことなのかな。

たしかに、これだけ高脂肪で高カーボ、高プロティンの”カーボ中毒”条件がそろっていたら、そりゃ中毒になるのは必須です。無意識に食べてると、このカーボ中毒の罠にひっかかって病み付きになり、太るわけですね。ふんふん。と、意識的に分析ができると、病み付き=中毒になるのがさけられます。これ、私が今学んでいる健康系心理学のエッセンス(笑)。

でも、そんな私にとっても、このアニマルフライ、美味しかったですよ。そのあと、2日ほど、どーんとおなかが重かったですけど。ハンバーガーのほうも、まあ美味しかった。お肉がジューシーで、某大手チェーンのバーガーよりは、手作り感がありました。

シェフ目線でまたまた冷静に分析してみると、ここの美味しさの秘密は、フローズンのものや化学調味料をなるたけ使わないこと、特製のチーズ。ポテトも冷凍ではなくお店で丸ごとポテトを、いきなりフレンチフライ型に切ってすぐあげる。っていうのが、ポイントみたい。この丸ごとポテトを一瞬にしてカットする器具が、なかなか楽しかったです。私にとっては、バーガーよりもフレンチフライのほうが美味しかったな。

そうそう、あとは【なにか健康的なメニューがあるか】を友達と賭けたので探してみたら、店頭ではなーんもなかった(苦笑)。でも、そのあとここのHPで隠れメニュー(お店のメニューにないけど、好みにカスタマイズできるメニュー)をチェックしたら、おおっ、【プロティン・スタイルのハンバーガー】というのを発見。

これは、ローカーボダイエット中の人が、パンを食べたくないので、パンの代わりにレタスで包んでもらうというメニューね。これ、立派に健康志向メニューだよね。ということで、賭けには勝ちました。が、ここは、カロリーとか健康志向という言葉を考えてはいけない店なんで、アメリカにお越しの際はご注意を。でも、ここでがっつり食べても、あとの食事を抑えて広大なアメリカをジョギングしまくれば、大丈夫!(なはず。。。)がっつり食べて、がっつり使う、アメリカはダイナミックです。

米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。
このダイエットブログも、更新し続けてよーと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2008/08/21

DIETの決め手は食事量と恋愛モード

すっかりご無沙汰しております。桜子です。ニューヨークからカリフォルニアの学校に戻ったとたん、なんかやたらに忙しくて更新する間がありませんでした。で、昨日よりまたニューヨークに戻ってきました。

10日ぶりのニューヨークは、いきなり秋風が吹いている。。。
200808201

なに?この変わり身の早さというか、季節の移り変わりのクールさは?10日前のNYは、蒸し暑い夏だったのに。でもまあ、これからの秋のニューヨークは気候もよく、観光客も減るので、のんびりできそう。

とか悠長なことはいっていられず、明日から日本に一時帰国します。実はまだ、学生ヴィザを取ってないんですよね(苦笑)。5月からアメリカと日本をいったりきたりで、ヴィザの面接もしていない。帰国直後に面接して、9月の出発日1-2日前にヴィザがおりる予定です。うーん、相変わらず、ぎりぎりで生きております。

こういうハードスケジュールの日々の中で、ダイエット?なんだっけ、それ?状態になっていますが、体調はわりに好調です。カリフォルニアの大学での食べ放題カフェテリアにも慣れて、食事量がコントロールできるようになったこと。えーと、ちょこっと、ひと夏の恋モード入っていたこともあり、ベスト体重です。多分。

体重計がないので計れておりませんが、日本からもってきたぴちぴちパンツがちゃんと入るようになりました。よかったよかった。ダイエットの決め手は、やはり食べる量のコントロールとちょっぴりの恋愛ですわね。

そうそう、ちゃんと書いておかないと、いろんな人にずっと言われ続けるので、

★モテ期と恋愛モードは、きっぱり終了いたしました。最初モテても、なぜか最後には”ヤンクミ”風先生(ごくせん、のね)状態に陥り、【おまいらー】と、いい男友達・男性後輩引き連れ状態になるのが、私の常なのです。理科系育ちは、色気がないのね、きっと。まあいいや。

というわけで、9月からは、本格的ニューヨーク暮らし。ニューヨーク近辺にいらっしゃる日本人のみなさま、よろしくお願いいたします。また、ダイエットというよりも、美健楽(ウェルネス)系のブログを新たに始める予定ですので、そちらもお楽しみに(学校と家探し状況次第ですが、9月中には始めたい)。

米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。
このダイエットブログも、更新し続けてよーと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2008/08/12

ブラジルの美青年シェフのローフード料理

昨日の記事でご紹介した、一緒にローフード料理を食べた、27歳のブラジルの美青年シェフ、フラビオくんのホームページにリンクしておきますね。

ここをクリックすると、ホームページで美青年シェフが料理する動画が見られます。

んー、でもこのフラビオくん、私が会った27歳時よりも、かなり若そう、23-4歳くらいかな。ちょいとぽっちゃりしてて、まだ可愛い美少年。今の実物はもっと細身ではかなげで大人っぽく、美青年って感じだったんですけどね。イギリスの有名男性シェフ、確かジェレミーくんだかなんだかを、意識してるのかしらん?でも日本では、確かにイケメンの若いシェフがいないから、こういう人がいたら人気者になるだろうなあ。

動画で見られるフラビオくんの料理は、肉食系のブラジルのわりに、キレイで繊細さもあるベジタリアンフードですね。フラビオくん、あまり器用な感じはしないけれど、NYのレストランのベジタリアンラビオリを食べて、

【これなら僕のほうが美味しく作れる】

って、言い切っていました。だから美味しいんでしょう。動画でも彼の作ったベジタリアンラビオリが見られますが、たしかに彼の料理のほうが、美味しそう。動画の最後で合掌してますが、そういえば、食べ終わったときにもこのポーズをしてました。たしかにご本人らしい。もしかして、ブラジルでは有名人なのかしら?ブラジルにいらっしゃる機会がある方は、彼のレストランへ、行ってみてくださいまし(まあ、あまりいないだろうけど)。

それにしても最近、”ベジタリアン・シェフ”と出会う運がかなり強まっています。ハワイでは、南カリフォルニアのスローフード協会会長をしてるシェフと、サンフランシスコでは、人気No1ベジタリアンレストランの女性シェフと、思いがけず会えました。昔からの私の、奇跡的な出会い運・人脈運がまたまた炸裂しております。

米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。
まめに更新し続けてよーと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2008/08/11

NY進化系ローフード:ピュアフード・ワイン

お久しぶりです。ここのところ、とあることで忙しすぎて、こちらの更新を忘れておりました。NYからすでにカリフォルニアに戻った桜子です。

なにに忙しいかというと、日本のMixiに当たるアメリカのSNSに加入したから。英語系の友人がたくさんできて次々に招待状を送ってくれたので、軽い気持ちで入ったら、これがわりに手間がかかる。友達だけに見せるアルバムやらメッセージ掲示板があったり、短いメールが毎日くるんで、こまめに返事やら更新しなきゃなのです。もちろん、全部英語。

米国滞在も1ヶ月をすぎたので、やっと英語が血肉化して、カンが戻ってきました。考えるのも夢をみるのも、全部英語に切り替わりつつあります。あっそうか、だから日本語の文章を書くのが、面倒なのかも。でもまあ、ただでさえ下手な日本語がますます悪化するので、日本語を忘れないためにも、ブログ更新しなきゃね。

というわけで、NYで行った、人気のおしゃれローフード(100%ベジタリアン、しかも高熱を使った料理や素材を使用しないという、ちょいと行過ぎたベジタリアンがローフード)レストランの写真でも、どうぞ。お店は、ユニオンスクエア近くにあるピュア・フード アンド ワイン。

ローフードは体を冷やすし、まずいんで、私は嫌いなんだけど、ここはそれをおしゃれにしてるので一見の価値あり。と、ニューヨーカーの友達がしつこくすすめるんで、行ってみました。トレンディスポットってやつね。女性がひとりで行くには、ちょい厳しいところなんですが、仕方ない。

★まずは、アペリティフに、ホワイトサングリア。白ワインにオーガニックのフルーツやジュースを入れたもの:
200808111

続きを読む "NY進化系ローフード:ピュアフード・ワイン" »

2008/08/05

NYより美健楽カフェ(元) の朝ごはん

こんにちは。ご無沙汰してましたが、今はここにいます。ヒント、中央のビル。。。
200808051

って、かんたんすぎますけど、ニューヨークに家探しに4日だけ飛んでまいりました。久しぶりのエンパイアステートビルが、なつかしいわ。以前住んでいたアパートの窓から見えていたので、3年間毎日挨拶していたビルなのです。

さっそく昔からお気に入りの、ヴィレッジのカフェへ。で、早朝となると、いつものアメリカン・ブレックファースト、”パンケーキ”が食べたい病が発症。ブルーベリーパンケーキを頼んでみました。ダイエット?ヘルスダイエット週間のおかげで、体重はベストにもどせましたので、なんの心配もなくデブフードもOK!

200808052

ところがですね、残念なことに、すっかり味が落ちておりました。以前はもっと、お母さんの味みたく素朴でどーんとしたパンケーキだったのに、なんかやたら気取った、うすーい、しかも美味しくもないパンケーキ、いやクレープ?これはダイエット志向のせいか?いやいや、3枚もでてくるので、ダイエットにはなりませぬ。

じゃあ、経営者が変わったのかしら?と思ったのですが、NY一美味しいといわれるコーヒーの味はそのままでした。ということは、やはり、この辺の地価や家賃が上がったので、高級路線というか気取った青山あたりのカフェみたいなムードになってきたということでしょうか。

味もさることながら、フルーツを2種類にしてとか、パンケーキは1枚にできないのとか、アメリカならわりと聞いてくれる細かいリクエストに一切対応してくれなくなっていた。それもなんか、ホームスタイルのカフェから、商業主義になっているようで、がっかりでした。こんな味もそっけもない大きいだけのパンケーキ、3枚も食べられるわけないわ。

ふと気づくと、私以外にまともなブレックファーストを食べている人がいない。みんな、マフィン1個とか、コーヒーだけ。以前は、巨大なブレックファーストのお皿、卵やパンケーキ、ソーセージなどをてんこ盛りにして、食べている人たちでにぎわっていたのに。

というわけで、数年来なじんだこのカフェも、残念ながら、コーヒーを飲みにしか来なくなるでしょう。ちょっと寂しい、美健楽in New Yorkでした。

米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。
まめに更新し続けてよーと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

2008/07/31

ヘルス・ダイエット週間です

今日から、別の1週間の心理学セミナーが始まって、お友達の家からホテルへ移動。ここ数日、友人のわんこ、ベントリーくんとみっちり遊んだり散歩させたりして、すっかり癒されました。

20080730

犬のくせに英語しか解さない(当たり前ですけ)とか、子供並の甘やかしぶりで、ちょっと2-3時間留守にするだけでも犬の託児所(デイケアセンター)に、2000円も払って預けたりするのに、久々のカルチャーショック。ひとり(一匹)でおうちに長いこと放置しておくのは、精神的に良くないからって。。。そのうち日本でも、こういうペットの子供化が、ますます進むんだろうなあ。(えっ、もう進んでる?)

でもねー、散歩のついでと称して写真のように、芝生の上でこんなアメリカンスイーツとコーヒーを食べてお茶する生活をしてました。(以前ブログでご紹介した黒い水玉バッグも、一緒にアメリカに来ております。)だから、ダイエッターとしてはかなりまずい状況になっとります。でも今日からのセミナーは、Health(健康)に特化した上級者コースだし、ここのホテルは美味しい食べ物屋さんからは程遠い場所にあるし、自然にダイエットができそうです。Health(健康)ダイエット週間ということで。

今日はさっそくホテルのスパとプールで運動をば。と、でかけたのですが、北カリフォルニアでは、夏のはずの7-8月でも夜は冷え込むんですよ。だから、みんな温かいスパ(ジャグージ、お風呂みたいなもん)のほうに浸かっていて、冷たいプールには入らないの。8人くらいのかなりデブった、いやふくよかなアメリカ人のみなさまと、ジャグージで世間話。

いやはや、みなさま、見事な体型です。ジャグージーが狭いぞっ。でも陽気なアメリカ人とのおしゃべりは楽しいので、うだうだしてました。で、ようやく体があったまったので、私が意を決して、

★あと3KG落としたいから、泳いで運動してくる!

と宣言してプールに飛び込んだら、拍手が湧きおこり“勇気あるな”とほめられました(苦笑)。うー、寒かった。でも明日の朝も早起きして、海辺をなんちゃってジョギングします。太った分はすみやかに戻さなきゃね。そうそう、自己啓発先進国アメリカならではの、心ケア系のすんごいTV番組も発見!ダイエットについて書きたいネタも、たまってるんです。ということで、それではまた。

米国から最先端ダイエット情報を、気まぐれ発信中。
まめに更新し続けてよーと思ったら、↓クリックしてやってください。

1ポチ↓banner_03Blue  +  2ポチ→にほんブログ村 ダイエットブログへ

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31