無料ブログはココログ

2011/02/24

春は脂肪とガラクタのダブル・デトックスの季節です

    こんにちは。またまた更新の間があいてしまった、桜子のダイエットブログです。

    その間に、2月の美健楽セミナーも終わり、春の引越しにむけて大忙し。。。後半は嘘です。あと2週間切ったというのに、まだ引越モード入れてない。リアルの世界でのコーチングのお客様たちが、東京ではしばらくお会いできなくなるからと予約を入れてくださり。お友達が送別会ランチだパーティだと誘ってくださり。おかげさまで、引越し荷物、まだまだ手がついておりません。でもありがたいことです。

    まあ、今まで25回くらい引越しを、日米欧とまたにかけてやってきた私なので、最後のラストスパートでなんとかなるでしょう。なんとかします。

    106.JPG
    【写真】 引越が進まないのは、海外での仕事のために、寿司シェフの学校に通ったりもしてるから。こんなお寿司も握れるようになりました。まあ私自身は、白いごはんはほとんど食べない玄米愛好家なんですが、これは海外では定番のレインボーロールというカラフルな巻き寿司です。日本人で健康料理を教えてるというと、【じゃあ、ヘルシーな寿司が握れるのね!?】と外国人の方々の期待のこもったまなざしを受けるので、はい、こっそりマスターしていきますよ。でもあちらではもっとアレンジして、玄米や五穀米の寿司にヘルシー化した美健楽寿司を教える予定です。

    引越しに伴い、パソコンを3年ぶりに買い替えました。今一番小さくて高機能な、パナソニック、Let's Note シリーズのJ。これ、立ち上がるのが早いのなんのって。今までのPCが、データぱんぱんで立ち上がりに2分半もかかっていたのが、実は最近ブログをさぼっていた一因でした。でも新PCは、なんと20秒で立ち上がる。これなら外で思いついたことを記事にして書くという行為が、とっても楽になります。なるはず。

    引越で、荷物が部屋中に散乱している状態に合わせて、私、久しぶりにちょっと理想体重オーバー気味です。ほんと、エビデンスも証明データも全くない経験則なんですが、

    ★からだとココロの脂肪と、自分の部屋のガラクタは、比例して増えたり減ったりする

    んですね。最近、太ったタレントや視聴者をやせさせるダイエット番組をしばしば見かけますが、超肥満まで太っている人の部屋は、ほぼ例外なく散らかっている。そりゃ、台所で料理もできないし、部屋で運動するスペースもないんだから、太るはずですわ。

    逆に、ダイエットが軌道にのってやせ始めると、お部屋のモノもだんだんスリムになってくる。カラダが軽くなるから、おしりも軽くなって、お掃除もがんばる、というわけです。

    ダイエットが先か?部屋の掃除が先か?といえば、

    ブログ村ランキングダイエットへ続く

続きを読む "春は脂肪とガラクタのダブル・デトックスの季節です" »

2005/09/22

忙しいと心が空腹になります

締め切り間際で、ちょっと更新できていません。ごめんなさい。今日も徹夜かな~。なんか最近すっかり秋めいて涼しいですね。夏の間、近所のアジアンカフェの軒先にこんなきれいなハスの花が咲いていたのですが、先日みたらシャワーヘッドみたいな形の”実”(というのかな?)に変わっていました。仕事が忙しくなると、ココロが飢えて、キレイなお花や甘いものが欲しくなるのは、ダイエッターにとっては困ったもんです

0922-Lotus

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!こっちを押して応援と記事のリクエストクリックしてね!コメントとクリック数がある程度たまったら、頑張って記事をUPします

余談ですが、またダイエットカテゴリに、あのハーバル●イフの会員さんのブログがいきなりTOP10入りで登場していますね。2週間ほど前に突然登場→いきなり削除?自分で消滅?してたのでやはりな~と思っていたら、またまた再登場ですか。まあダイエットサークル化して、会員さんに投票をお願いして盛り上がる分には不正ではないのです。が、うちの読者のみなさまは、くれぐれも資料請求や個人情報のメルアドを教えたりしないようにしましょう。ダイエット系のネットワークビジネスは、はっきりいって多くてしつこくて怖いです。

また、ひとつの特定ダイエット商品や食品に依存するダイエットは、美健楽ではないし、はっきりいってお財布に優しくない“ムダ金ダイエット”になりがちなのでおすすめできません。ちゃんとした商品なら部分的に取り入れる分にはかまわないのですけど、でもたいていの食品は手作りや代替できるものがほとんどですし、変な下剤商品も多いですよ。

それにしてもこのブログのHNにでてくる、”ガネーシャ”って、なんのことかご存知ですか?インドの”金儲けの神様”なんですよ。頭が象の形の神様で、商売繁盛、金銭的利益があるというので、がんがんお金儲けをしたい人が崇拝する神様らしいです。うーん、ご存知でつけていらっしゃるなら個人の自由ですが、私はそれをみた瞬間にガネーシャの意味を知っていたので、【お金儲け目的だとご自分で宣言か?】と、”翻訳”してしまいました。”誤解”を招き勝ちなハンドル名をつけるのは、気をつけましょうね

↓こちらを押して、ダイエットカテのそのブログさん見てみる?ただいま、9・22 深夜2:26現在には、存在しています。banner_03Blue

2005/03/03

ダイエット・コーチ遍歴

こんばんは。3月1日から、美健楽ダイエットモードをちと厳しくするぞ!と決心した私に、またまた試練が。。。そう、明日からまた出張です。実は今日の午後に発つ予定だったのですが、またまた予定変更。確定申告はついに終わりそうにないので、とうとう税理士さんの”コーチ”を雇うことにいたしました

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!春だからダイエットしてみたい!と思い始めた方、こちらを押して応援クリックをお願いします。総合1位で顔出し公約中!、ですが、あと2ヶ月きっちゃいました(ちょっと、ほっ)

私、お金を稼ぐビジネスは好きなんですが、税金申告、会計とかのペーパーワークが嫌いなのです。で、嫌いなのでぜんぜん進まない、でも全面的に人に任せるような贅沢をしてはいかんっ!人任せもいかんっ!自分でも努力しなければ。ということで、基本的には自分でやるんですが、質問に答えていただいたり、そしてなんといってもスケジュールをみながら、お尻をたたいてもらったりする、というのがコーチを雇った理由です。

気がすすまないことやお仕事には、こうしたコーチをつけたり、また「○月○日までにやります」と、自分でお客様や部下や業者の方に勝手に宣言して、「一度口にしたことを守れなければ信用がおちる」と、必死に頑張るプレッシャーにする。これはなかなかいい手だと、自営業になってから思いました。

ダイエットにもこの手が使えないものか?私、実はダイエットコーチも遍歴しております。すみません。
以前ダイエットコーチがついたのは、某エステティックサロン(よくCMしている大手チェーン)のダイエットコースを契約したとき。「自分じゃ意思が弱くダイエってが続かないけど、大金25万円も払ってエステにいけば、エスティシャンの方が厳しくコーチしてくださってやせるだろう。」と思ったら、甘かった。エスティシャンの方は、優しくアドバイスはしてくれるけど、別に私に厳しくする理由がないんですよね。逆にやせないほうが、またエステに来てくれていいかも?

私の友人がエステコンテストに参加したときは、優勝者を指導したエスティシャンには特別ボーナスが入ったり、逆に参加者が太ると給料がさがったりするらしく、「私がこんなに一生懸命指導しているのにクッキーを食べたなんて、あなたは人間じゃないっ!」と恐ろしい形相で責められたそう。おかげでその友人は叱られるのがこわくて激やせして、コンテスト準優勝したそうですが。

また、スポーツクラブで、3ヶ月の有料ダイエットプログラム【バイオメトリックス】というのを、数回とったことがあります。冷凍食品での食事コントロールと、週3回個人トレーナーというコーチがついての筋トレ、それで5万円(冷凍食品代込み)だったかな。これ、エグザスが編み出したプログラムで、なかなか地道でよい基本型ダイエットなのですが、これまたトレーナーさんが優しいんですよ。だから、最初トレーナーさんをよく知らないうちは、知らない人に呆れられたらいかん、と思ってまじめにやってやせたんですが、だんだん慣れてくると、甘えがでてだめでした。

一般にダイエット・トレーナーは、厳しくしたら嫌われる!ということで、厳しくはしないようですね。その反動でトータルワークアウトみたいな、修行みたいに厳しいのがうけているのかも。ダイエットにコーチをつけて効果をあげるには、コーチの側に「その人を、なんがなんでもやせさせねばならないという強い動機」が必要なようです。

でももちろん、どんな優秀でやる気にあふれたコーチがついても、自分が本当にやせたい理由を知って、強い動機やイメージをもっていないと、多分コーチがついてやせてもコーチがいなくなればリバウンドします。やはりダイエットは、他力本願はサポート程度にしかつかえない、ということで。自分で地道に行きましょう

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

2004/12/14

集中連載延期と米国ダイエット

先週より【2週間集中・美健楽ダイエット】をお送りしてきて、約1週間が過ぎました。美健楽ダイエット基本10か条のうち3か条、ココロケアが終わったところですが、実は続きの記事の連載を1月以降に延期させていただくことにしました。続きを楽しみにしてくださっていた方、ごめんなさい

usa-n-1-1-3-9.gif

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 【美健楽ダイエット基本10か条を2週間でマスターする企画】連載再開をご希望の方は、リクエスト・クリックをお願いします。

集中ダイエット記事連載延期の理由は
1.「年末の忘年会で太る時期にダイエットなんかしてられない。デブになったお正月明けにしてよ」という友人リクエストを結構いただいたこと、

2.実際、リクエスト・クリックや時間別アクセス数でのみなさまの記事への反応をみると、忘年会帰りの夜中の11時ー13時のアクセスが増えているため、「そうか、この時期、やはりダイエット記事はタイムリーではないのか」と反省したこと

3.アメリカ行きまであと6日というのに、さらに突発的な仕事が起きてしまい、1本書くのに普通の倍時間と気をつかう”まとめ”記事を書くまとまった時間が、20日過ぎまでとれそうになくなったこと

ただ、キャンセルではなく連載延期です。A子さんとのダイエットは順調に続けていますので、クリスマスとお正月休みに記事の書き溜めをする予定。連載再開のリクエストが多ければ、4か条以下の記事を1月以降にまた、連載再開しようと思っています。

ココロケアの記事は、全体のリクエスト・クリックは少なめでしたが、熱心なファンの方々がついてくださって、コメント、メールとも初めての方からを含めてたくさんいただきました。

総合ランキングで幅広い人気をとるのもいいですが、やはり熱心に何度も訪問してくださるリピーター(読者)の方、ダイエッターの方からのコメント・メール・トラバが一番大事でうれしいです。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

今後の記事ですが、しばらくは、年末のみなさまも私もお互い忙しい時期、タイムリーなダイエット・ネタを短めにお届けしていきたいと思います。そして来週から2週間はいよいよアメリカ出張&バカンス!サンフランシスコからヘルス&ビューティ情報をお届けしたあと、アメリカのものすご~い田舎(失礼!)カンザスへ。グルメでビッグ(らしい)なアメリカ人ご一族のお宅で、クリスマス休暇を過ごさせていただきます。

カンザスでは、【美健楽ダイエッターのグルメ・デブ化・体当りリポート】ということで、ダイエットはお休み。ダイエットサイトにあるまじき、「短期間にアメリカのスーパー・デブフード&お酒三昧をしてどのくらい太れるか」に挑戦し、グルメファンへその実況レポートブログをお届けする予定。一応今回の集中ダイエットで落とす分、+3kg増にとどめたいですが+5kgかな~。

そしてお正月あけに帰国してからは、【短期間でデブ化した体をすみやかに元に戻すダイエット】に挑戦します。みなさまも多分必要でしょ、ということで、ユーザーニーズにタイムリーにお応えしていく企画となるはず、でございます。

ここ1週間、【アメリカで、ダイエットについてこんなこと調べてきて!】というリクエストがあれば、コメントをお願いします。私も今回はサプリやプロティン、エクササイズビデオを大量購入してこようと思って、アメリカの商品に詳しいプラトンさんから色々情報を頂いたりしました。ありがとうございました。ダイエット先進国アメリカで、最新の美健楽情報を仕入れてきたいと思っています。乞うご期待!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!>【美健楽ダイエット基本10か条を2週間でマスターする企画】連載再開をご希望してくださる方は、リクエスト・クリックをお願いします

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

2004/12/10

トリプル・ショック&私のダイエット理由

昨日は、更新記事を楽しみにしていてくだった方、更新できなくてごめんなさい。トリプル・ショックに見舞われ、いまだちょっと放心中です。

ここを押して、放心中にがた落ちしてしまったランキング救済クリックをしてから、続きを読んでくださると嬉しいです。

昨日お昼休みに、「更新しよっ!」とココログにアクセスしたら、なっ、なんと17時までメンテナンス中とやらで更新不可能。すみません、ココログのページのどこかにひっそり告知されるメンテナンス予定のお知らせなんか、見ちゃいない私が悪いのでしょうが。

「更新できないものは仕方ない」と諦め、17時にアクセスしたら、またまたがーん。メンテ終了が遅れてたらしく、「17時終了予定が20時まで延長されました」と冷たいメッセージ。ブログって毎日更新を楽しみにしてくださる愛読者さんが多いので、1日でも更新しないと人気ブログランキングが、“総合”でどーんと下がってしまう、厳しい世界なのです。だから、無料のLivedoorやjugemより、メンテ頻度やトラブルの少ない安定性の良いココログに、わざわざ有料で契約しているというのに。

そして夜の20時前後、「やったー、やっと復旧した!」と書き上げた記事を投稿!んっ、つながりにくいな、混雑しているのかしら、えっ、きゃーーーーー!!

記事が消えました..................

サーバーが混雑していたので、投稿した記事が拒否されて消えてしまったもよう。こういうときに限って、記事のバックアップを取っていないのですよ。そして今日の消えた記事は、【2週間集中・美健楽ダイエット実践編】のココロケア第2弾。とっても頭を使って書いた長い複雑な記事で、過去記事とのリンクをたくさんつけるのに時間がかかっていた、力作だったのです。

同じ記事を2度書くほど、疲れてエネルギーを使うものはないので、普通はこの記事を見捨てて、さっさと別記事を書くところ。しかし、今回ばかりは、【2週間集中・美健楽ダイエット実践編】の連続記事ですから、逃げるわけにいかない。悪い時には悪いことが重なるものです。普通の記事なら今までにも消えたことがあるので、ここまで落ち込まないのですが。えーい、今日は寝てしまえっ。

ZZZZZ..............

ということで、金曜日のお昼前です。昨日のトリプル・ショックで、記事の書き直しをするエネルギーがどうしても湧きません。大学時代に、1ヶ月かけて書いた卒論の原稿、をパソコンに保存しようとして一瞬にして消してしまった時以来のショックです。(それはちょっと、おおげさかも)

ぼーっと他ブログを眺めていると、有名女性ブロガーのまりえさんが、なんと同じタイミングで同じような目にあっていたことを発見!彼女はココログではなくLivedoorだったのですが、その空しさ、お察し申し上げます。

昨日は、ブログを読む人が一番多い木曜日だったのでブログ投稿者も多く、いろんなとこのサーバーが混みあっていたんでしょうか?ココログさん、年末のしかも一番混みあう木曜のメンテは避けてください。わざわざ人通りの多い年末の時間帯を狙って道路工事をするようなもんです。

ということで、このトリプル・ショックから立ち直るのに、ちょっと時間がかかっていてごめんなさい。ぐちっぽくてごめんなさい今日中には立ち直って、どっかで時間をみつけて更新します。ちょっとうだうだ書いてみて、同じ記事を2度書くための勢いをつけているような、この記事にお付き合いいただいて、ありがとうございます。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!【2週間集中・美健楽ダイエット実践編】を楽しみに待っていてくださっている方(いなかったら、どうしよう…)、こちらを押して、むなしい書き直し作業に取り組むエネルギーを私にください。よろしくお願いいたします。

さて、うだうだとグチにお付き合い頂いただけでは申し訳ないので、私が友人の2週間集中ダイエットに付き合って一緒にダイエットを始めた、密かな理由をばらしてしまいます:

1210Harrods2

ダイエットと関係ないけど、トリプルショックを癒すためにも、上のようなロンドンのハロッズデパートのクリスマス・イルミネーションなどの【写真】を眺めております。「今年のクリスマスは海外(米国だけど)に行って、こんなきれいなイルミネーションが見られるんだから、もうちょっとがんばろう!」と励みになるのが海外旅行の効用です。

特に今年はアメリカの田舎の友人のご実家にお邪魔し、大家族とのクリスマスの予定。本物のもみの木の香り、クリスマスのご馳走、スパイスの効いたホットワイン…うーん、昔アメリカ留学・赴任時代に経験した、美味しいもの、楽しいものがいっぱい思い出されます。

一般にまずいといわれるアメリカ料理(私の過去記事にもそう書きました)ですが、移民が多い国なので各国料理は美味しい物がありますし、クリスマスとか感謝祭といった祝祭日料理には、結構美味しい定番料理があるのです。ときどき私のサイトにコメントくださる、アメリカから帰っていらっしゃったばかりのmiopapaさんのブログにも美味しそうなアメリカでの食べ物の写真がいっぱい。miopapaさんおかえりなさい。

クリスマスのご馳走を全部平らげると、多分3-5kgは太るな。よしっ、この太る分を見越してクリスマスまでにやせておこうっと!もちろん、私のダイエットの理由は【やせてきれいになって自分に自信を持ちたい本能】というのもあるので、【グルメ・フードへの食欲】だけがダイエットの理由ではないんですよー、と言い訳してみる。本当にダイエットとは、太る理由の“食欲”とやせたい理由の“愛欲”(愛されたい本能)との戦いでございます。

ともあれみなさま、クリスマスやお正月のご馳走を食べるために、今ダイエットをしてカラダを絞っておき、心置きなくご馳走&休暇を楽しみましょうね。忘年会で付き合い酒を飲むより今は節制して、クリスマスや年始年末に、親しい人たちと美味しいものを一緒に楽しく食べるほうが、美・健・楽だと思いませんか?そしてお正月明けは、また美健楽ダイエット・モードにもどり、カラダを元に戻します。

普段はダイエット・モード、そしてたまの機会のグルメを思いっきり楽しむ。美健楽ダイエッターはグルメ(美味しいもの好き)が多いのです。それではのちほど~。


長い記事を、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!連載中の【2週間で美健楽ダイエットの基本をマスターする】企画の続きを読みたい方は、こちらか左のロゴ(←)を押してご投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断していきなり中止、別のテーマにする、ということもありえます。ご協力よろしくお願いします。

2004/12/08

男のダイエットの理由

今日は、男性ダイエッター必見!男性版の【ダイエットしたい理由】=【鍛えたい本当の理由】についてと、【やせたい本当の理由】を認識するメリット・重要性に関してのココロケアです。

濃い内容を2週間に濃縮してお届けしているので、文章が長いです。お急ぎの方は、赤字部分太字を読み飛ばせば大体のことが分かるようにしてありますので、ご活用ください。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!現在連載中の【美健楽ダイエット基本10カ条を2週間でマスターする】企画継続希望!の方、また今日の記事にご興味をもった男性ダイエッターの方、ここを押して応援クリックをお願いします。長い記事を書き続ける励みになります。

本題に行く前に前回の補足を少々。前回、女性のダイエットの”本当”の理由が【他人や自分に愛されたいから】からと書きました。女性はだれに愛されたいからダイエットするのかというのが、年齢で大きく2つに分かれているようです。

・ 10代後半ー20代; 結婚したい!というお年頃なので、ずばり【彼、男性に愛されるため】にダイエットしてやせたいと思う。

・ 30代以上; 一度は男性に愛された経験、結婚した(している)経験があるため、男性にというより自分で自分を好きになりたい。女性として歳をとって体力・容姿がおとろえてきたり、”女”としてみなされなくなるのではないかと思い始めて、【自信をもちたい、回復したい、そのためにダイエットしたい】と思う。

さてここから今日の本題。【男性が”ダイエット”したい”本当”の理由】は、女性と少し違っているようです。

以前男性ダイエット・ブロガーの方々と身の回りの男性、計30人ほどにリサーチしたことがあり、その結果から推定してみました。

・ 男性の”ダイエット”とは【体脂肪を落として筋肉を鍛えること】

・ また、現代男性がすりこまれているのは、
体脂肪を落として筋肉を鍛える→かっこよくなる→他人や自分に尊敬される

・ つまり男性が”ダイエット”したい”本当”の理由は、
【他人や自分に尊敬されたいから】

【誰に尊敬されたいか】は、これまた年代で分かれるようです:

・ 20代以下の若者は【他の男性から「あいつ、いい体しているな」と尊敬されたい】気持ちが強いよう。男性の友人だけではなく、スポーツクラブでの知らない男性からも尊敬の目でみられたい!と思うところ、また「女性にかっこいいと見られたい、好かれたい」という理由でないところが、女性の私には意外でした。

しかしこれは、「自分はおまえより強いんだぞ!」と示したい、オスの自然な顕示欲という本能だと思えば、納得できます。動物のオスは女性を手に入れる前に、まずライバルのオスに「おれはおまえより強い」ことを示さねばならないですから。

・ 30代以上の男性は、下腹がでてきてベルトがきつくなると「ヤバイ」と思ってダイエットしなきゃ(締める)と思うらしいです。が、尊敬されたい相手は、結婚していると【自分の子供や自分自身(自信を持ちたい)】に変わっていくよう。

「お父さんかっこいい」と、特に娘さんに思われたいパパが多かったです。ここでも妻より子供に尊敬されたいのが意外でした。が、これまた”オスの本能”では、子供を生ませてしまえば妻よりも、自分の子孫を残すほうが大切なので、子供のほうにアピールしたいのは自然なことなのかも。

(注; 子供を生んだ妻のみなさま、すみません。でも実際人間の男性は、”オスの本能”だけではなく”理性”ももって生きているので、理性の部分で妻も大事にしなきゃいかんと思います。)

女性のみなさん、スポーツクラブでタンクトップを着てムキムキ筋肉をみせびらかしているマッチョをみて、「きもーい。女性はあんな頭悪そうなマッチョきらいなのに、勘違い男めっ」と冷たく思ったことありませんか?(私はよくあります)

ご安心を。彼らマッチョは私たち女性ではなく、男性にアピールしているのです。と思えば、他のオスにじぶんの羽をみせびらかして威嚇している孔雀のオスみたいで、かわいいでしょ!?

以上述べてきた、男性と女性の【ダイエットの”本当”の理由】を、見易いように比較表にまとめました。特に男性ダイエッターのみなさまの、賛成、反対、補足等のご意見コメントお待ちしております。

男性と女性の【ダイエットの”本当”の理由】

1207-Table.gif

【やせたい本当の理由】を認識するメリット・重要性】

さてA子さんへの指導に戻ると、彼女がダイエットしたい本当の理由は、【最近体力の衰えを感じて無理がきかなくなったので、やせてきれいになって女性としての自信を取り戻したい】ということが判明。彼女は独身なので、もちろん【男性に愛されたい】願望もありますけれど。

この【ダイエットしたい本当の理由】=【(他人や自分に)愛されたい本能】を認識してもらうと、メリットが2つあります;
 きれいになって愛されるためのダイエットだから、

1) やつれたり気分の悪くなる、過激・単品・短期ダイエットではダメ!と分かる。他人に永く愛されたり、ずっと自信がもてるためには、美・健・楽、つまり美しくて健康的、気持ちも前向きで楽しくなる、美健楽ダイエットを楽しみながら続けることが必要と分かる。

2) 【愛されたい本能】は、【食べたい食欲本能】と同じくらい強いものなので、ダイエットの強い動機づけになる。特に20代の女性が、「男性に愛されるため」にダイエットすると、ものすごいエネルギーがでます。これは、「オスを捕まえて子孫を残すための性欲・本能」なので、これを利用して食欲本能と戦うことができます。

次回はココロケアの2つめを解説します。


長い記事を、最後まで読んでいただいてありがとうございます。この2週間企画の記事執筆は結構大変だといまさら気づいて挫折しそうですが、皆様のご期待クリックが増えいているのに力づけられて書いています。ありがとうございます。

ここを押して記事への感想投票をどうぞ!連載中の【2週間で美健楽ダイエットの基本をマスターする】企画の続きを読みたい方は、こちらか左のロゴ(←)を押してご投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断していきなり中止、別のテーマにする、ということもありえます。ご協力よろしくお願いします。

2004/12/06

やせたい“本当”の理由

Hanako WESTをご覧になって訪問してくださったみなさま、こんにちは。初めての方は、←左コラムの【初めての方へ】【プロフィール】などを見たり、左欄の目次を活用するとご興味のある記事が捜しやすいです。

また、12/5より、【美健楽ダイエット基本10カ条を2週間でマスターする】体験記を、友人のダイエッターA子さんに指導しつつ書いていますので、こちらを毎日読んでいただくのもよいと思います。ここを押してランキング・クリックで訪問を知らせてから、続きを読んでね

----------------------☆----------------------

さて、【美健楽ダイエット基本10カ条を2週間でマスター】するためのStep1は、ココロケア部門の3カ条です。3カ条のひとつめは、

1.自分が【やせたい本当の理由】を認識して、
美・健・楽なダイエットを目指す決意をする

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!現在連載中の【美健楽ダイエット基本10カ条を2週間でマスターする】企画にご興味のある方は、ここを押して継続希望!クリックをお願いします。

昨日書いたように、太ってしまうのが“本能・ストレス”のせいならば、なんとなくダイエットしているとすぐ、自然で楽なデブ・モードに戻ってしまいます。よって、デブ・モードからヤセ・モードに変えるだけの強い理由、【やせたい本当の理由】を知ることが必要です。

「なーんだ、自分がやせたい理由なんて知ってるよ」と思うでしょ?

でも実は知らない人、認めたくない人も多いのですよ。A子さんにも、「なんでやせたいの?」と聞いたところ、よくある普通の答えがぞろぞろでてきました。

「9号サイズが着たいから」
「叶姉妹みたいなスタイルになりたいから」
「最近急接近中のBさん(男性)とのデートに備えて、脱いでもすごいカラダを目指す」

えーと最後のは、Aさんは30代独身の大人の女性ですからこういう直接的表現になるのであって、10-20代なら、
「やせてきれいになって、Bさんに告白したいから」
とかになるんでしょうね。

これらは【やせたい本当の理由】ではなく、表面的なもの。カウンセリングしながらさらに、「9号サイズが着たい」と思うそのまた奥の理由はなにか?と追究していくと、最終的には女性は2つの【やせたい本当の理由】のどちらかまたは両方、に落ち着きます。

・ やせてきれいになって他人に愛されたい
(好かれたい、認められたい)

・ やせてきれいになって自分に愛されたい
(自信を持ちたい)

これに関しては、過去の記事に詳しく3部作で書いたので、そちらも読んでみてくださいね。
やせたい理由(1) (2) (3)

この2つは、太る理由の【空腹を満たしたい本能】が満たされたあとにでてくる、【人や自分に愛されたい社会的本能】というまた別の本能です。

昔は飢えが当たり前だったので、
飢えの時代なのに太っている=珍しい・うらやましい=他人にも人にも愛される、
ということでやせ願望は少なかったのです。小野小町、陽貴妃、ポンパドール夫人と、昔の美人はみんなデブでした。

しかし、戦後50年ほどで飢えから飽食の時代になり、
飽食の時代なのにやせている=珍しい・うらやましい=他人にも人にも愛される、というふうに美の基準が変わりました

よって私たち現代人は、
やせる→きれいになる→他人や自分に愛されると、ファッション雑誌ややせすぎタレントによって、自動的にすりこまれているわけ。

いくら他人が「ぜんぜん太ってないよ」と言ってくれても、刷りこみの理想と自分を比べていたり、やせたのに愛されないことも多いので、やせていても、やせてもやせても、満足しない女性が多いのです。

また、「愛されない、彼氏ができない」のを、「太っていてきれいじゃないから」と太っているせいにする女性も多いのですよね。「あんた、その性格じゃ、やせてもきれいになれないし、彼氏できませんから~」と波田陽区風に突っ込みたくなる人いません?

9号サイズ、人気タレントのスタイル、男性Bさんから「スタイルいいね」と言われること、これらは”やせた目安”という表面的なことにすぎません。その奥底にあるのは、「他人に愛されたり、自分に自信を持ちたい!」という【やせたい本当の理由】です。「愛や自信のない自分を認める」のは、ちょっといやなものですが。

カウンセラーなしで美健楽ダイエット始めるかたは、この【愛されたい本能】にまで落としこんで、自分はどちらの理由なのか、両方のひとはどちらが優先するかを具体的に考えると良いです。

男性は、【やせたい本当の理由】の女性と違って、【筋肉を鍛えたい本当の理由】になるようです。女性は「やせる=きれいになって誰からも愛される」とすりこまれていますが、男性は「カラダを締めて鍛える=かっこいいと誰からも尊敬される」とすりこまれているので、「ダイエット」の目的、意味合いすら違ってきます

この男性版の【ダイエットしたい理由】=【鍛えたい本当の理由】についてと、女性が【やせたい本当の理由】を認識するメリット・重要性に関しては、次回に続きます。


長い記事を、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!連載中の【2週間で美健楽ダイエットの基本をマスターする】企画の続きを読みたい方は、こちらか左のロゴ(←)を押してご投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断していきなり中止、別のテーマにする、ということもありえます。ご協力よろしくお願いします。

2004/12/05

太る理由

今日から、友人A子さんへの2週間のダイエット指導企画、【美健楽ダイエット基本編】の記事を始めます。基本編には美健楽ダイエットの4部門で合わせて10カ条があり、身につけていってほしい順番があります。この10カ条を一度にはできないので、この順番に理解・実行していってもらうことにしました

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね!Hanako Westを見てきてくださった方、常連の読者の方、ここを押して、Hanako West掲載記念の応援クリックをしてから、続きを読んで頂けると嬉しいです。

【美健楽ダイエット基本10か条の実践順番】

Step1.ココロケア部門;  3カ条

Step2.食事部門;     3カ条

Step3.代謝アップ部門; 2カ条

Step4.運動部門;  2カ条

ふつうダイエットというと、食事と運動のコントロールというのが定番ですが、美健楽ダイエットではまずココロケアを最重要視します。なぜなら、太る理由はココロ(メンタル)に根ざしていることが多いから。

1205-IceCream.jpg【写真】太る理由はメンタルなものですが、そのメンタルが欲しがるものは、こういうデブフードである“甘いもの”や脂肪分の多いもの。ストレスや本能で私が突然食べたくなるデブフードは、チョコレートとリッチなアイスクリーム、それにカラムーチョ。こうしたデブフードへの欲求を適度に満たしつついかにコントロールしていくかも、重要なココロケアです。


【太る理由】

肥満の原因は、
食べるカロリー>運動・代謝で使われるカロリー
で、この差の余ったカロリーが脂肪として蓄えられてデブになるということ

だから、
・ 食事で食べるカロリーを減らす↓ 
・ 運動・代謝で使われるカロリーを上げる↑ことで、

食べるカロリー↓<運動・代謝での消費カロリー↑
にしてやれば、やせるというのが常識
でかつダイエットの定説です。
 
でも、こんなシンプルなことが実践できないので、ダイエットは難しいんですよね。じゃあ実践できない理由は?とさらに突っ込んで考えると、それはストレス・本能などのココロケアの問題に行きつくのです。

1)食べたい本能(食べるカロリー↑)

食べることは飢餓を避ける本能であり、また手軽に手に入る幸せなので、ストレスがたまると人は食べることで自分に楽しみを与えてストレスを解消しようとします。また過食症の人のように、「やせたい」と言いながら実は太っていることに、ココロが無意識にメリットを見出して自分が太るように仕向けている人も多いのです。

2)動きたくない本能(運動・代謝の消費カロリー↓)

また運動・代謝でエネルギーを使うことは、人によっては、とくに女性にとっては、どうしてもやりたい楽しいことではないことが多いです。人間は、狩りや農作業をしてカラダを動かして食べ物を手に入れていた昔から、コンピューター作業などでカラダを動かさず頭を使う方向へと進化してきています。つまり、カラダを動かさないでえさをとれるほうが、理想的かつ楽なのですよ。

特に女性は、「子供を生んで育てるため巣ごもりをする」本能があるので、「育児中のメスと子供のために、外でえさをとってくる」本能のある男性とは違って、カラダを動かしたくないのが本能ではないかと思っています。だから、女性ダイエッターはカラダを動かすより食事重視、男性はカラダを動かす運動重視のダイエッターが多いのでは?というのが、私のひそかな「動物本能説」に基づく持論。

また、運動・代謝アップするには時間も使うので、忙しい現代人にとって運動は、「やったほうがいい」と思っていてもなかなかやれないものでもありますよね。

こうした本能的で自然なココロの動き
食べたい(食べるカロリー↑)
動きたくない(運動・代謝での消費カロリー↓)
というのは、ダイエットに反しているので太るのです。

このココロを改善・コントロールしないままに、食事と運動だけをコントロールしてやっても、本能のしっぺ返し、つまりドカ食い、運動をサボる、その結果リバウンドが起きる、というわけ。たいていのダイエット法は、食事か運動法に焦点をあててココロケアを軽視しているので、失敗したりリバウンドしたりするのではないかと思います。

そこでA子さんには、私が簡単なメンタル・カウンセリングをして、Step1.ココロケア部門の3カ条を理解・実践することから始めてもらうことにしました。

私はセラピストではないのですが、昔からこういうコーチングや心理分析に興味があり、心理学が盛んなアメリカに住んでいたこともあって、この手のセミナーを結構受けているのです。また仕事でも消費者調査を行うときなど、消費者の深層心理を読むというのが必要なので、そういうのを引き出すのは得意なほう。

カウンセラーなしで自分でやるときは、自分で自分の深層心理をひきだしてやらねばならないので、結構時間がかかります。日本ではアメリカと違って、まだまだ実践的でいいカウンセラーも少ないですしね。

私がリンクしているアメリカのウェルネス・カウンセラーのKimikoさんは、こうしたダイエット・カウンセリングのお仕事も、アメリカで百人以上のクライアントに対してやっているプロ。その彼女からもお知恵を借りつつ、次回以降、まずはココロケアの分析を自分でできるように、やさしく解説していきたいと思います。


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!【2週間で基本を理解・実践する美健楽ダイエット基本編】に興味があるから続けてよという方は、こちらか左のロゴ(←)を押してご投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

2004/10/23

デブ・スパイラル脱出の心ケア

デブ・スパイラルに陥っている忙しい人がダイエットを始めようとしたら、とりかかる順番は通常の美健楽ダイエットと一緒。4部門を順番に、

Step1:ココロケアで食欲コントロール、
Step2:食事を腹八分のバランスに持って行き、
Step3:お風呂やマッサージといった代謝アップで体温を上げ血の巡りを良くし、やる気もアップした勢いで、
Step4:なんらかの筋トレと有酸素運動を生活に組込む

1023-ChivaSomLogo.gif【ロゴ】私のお気に入りの世界No.1ヘルスリゾート、チバソム(タイ)のロゴマークの3つのひし形は、Mind(脳の働き、知性とか心の意味)、Soul(精神、感性、気持ち)、Body(体)の3つを意味していて、この3つのバランスが取れている状態が、トータルな美と健康=ホリスティック・ビューティと定義しています。普段はそんなこと考えないけど言われて意識してみたら、確かに自分の中にこの3つが別々に存在していることが感じられませんか?ココロケアは、この3つをちゃんと意識してバランスをとってやる、ってことに尽きる感じがします。

つまりね、デブ・スパイラルに陥っているんだから、その逆をやって、ヤセ・モードに転換してやればいいってこと。まずは、デブの原因を作っている、”忙しさに占拠されたココロ”のケアから始める必要があるのです。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 忙しい人のダイエット継続記事が読みたい!という方、リクエストのクリックをお願いします。

通常の美健楽ダイエットととの違いは、ダイエットに時間をかけられないから、最低限必要なこと、忙しい生活に習慣として組み込めそうなことだけ、やっています。

とはいえ、仕事で頭と時間がいっぱいいっぱいの忙しい時は、簡単なことでも一気に完全にやれとは申しませんし、まあできないでしょ。すべて完全にできなくても、なにもやらないよりまし、というくらいの50点主義で気楽にいきましょう。仕事のストレスに、ダイエットのストレスまで加わっては、目もあてられないですしね。

私も、デブ・スパイラル脱出のためのStep1のココロケア、食欲のコントロールを昨日からスタートしました。忙しいと、

「こんなに忙しいと、食べないとカラダが保たない」

と考えて、外食三昧、甘いもの、お酒と好き放題してしまいますが、ちょっと待て!

忙しい時は、実は机やPCにへばりついて仕事をしているのであまり動いていず、実はカラダに高カロリーは要らないのです。でも「保たない」とへばってしまうのは、仕事のために脳はフル活動しているのと、時間や仕事のストレスにさらされた精神が「食べる楽しみ」でストレス解消したがっているから。つまり、自分を構成している3つの要素のうち、

1.カラダ: エネルギー(カロリー)はあまり要らない
2.脳: 唯一のエネルギーとなる糖分が必要
3.精神: ストレス解消(リラックス)の手段が必要

2と3を”食べる”ことで無意識に満たしてやっているから、「食べなきゃ保たない」と思うんだけど、実際は食べたカロリーは消費されないから、しっかりカラダに残って太るのですよ。

じゃあどうすればいいのか?その食欲コントロール3つの秘策は、明日に続きます。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

2004/10/22

忙しい人のダイエット(太る理由)

昨日、某出版社の編集者さんとお会いしたら、「仕事が忙しすぎて、ダイエットなんて、やらなきゃいけないんだけどやってられないんですよ~」とおっしゃっていました。分かりますねー。確かに編集者さんなんて入稿前は徹夜続きだというし、私もワークホリック気味だったサラリーウーマン時代はそうだったなあ。

ここを押して【1日1クリック】応援して下さいね! 「忙しいからダイエットできない」と思っている人は、ここを押して賛成クリックをお願いします。

海外出張なんか行くと、24時間働いてました。むこうの昼間に本社で仕事をして、夜ホテルに帰ると日本は朝。部下からメールや電話がばんばん入ってそれに対応してたら、あれっいつの間にか朝だ。さあ、本社での会議にいかなきゃ。という、Eメールのせいで過酷な労働状態でした。

1022-ZoneDietBar1.jpg【写真】忙しいときはこういう市販品の”完全食品”とかを使うのもお勧め。これは残念ながらアメリカでしか買えないものだけど、栄養バランスがよくて、チョコ味でおいしいので、栄養のあるおやつとして罪悪感なしに食べられます。日本で買える、お薦め市販品もご紹介していきますね。

そういう忙しさも、好きな仕事で仕事が趣味!という感じだったんで、不満どころか楽しかったんですけどね。
ただ、そんなお忙し生活のつけがどーんときて、あれよあれよという間に体重+15kg増。会社の健診で、すべての数値は立派な生活習慣病(成人病)予備軍、挙句の果ては婦人病が見つかって入院、生まれて初めての手術となりました。

この肥満と病気をきっかけに、自分と自分のライフスタイルをダイエットすることにし、美健楽ダイエット生活を始めて、仕事のほうも自分で自分の時間がコントロールしやすい独立・自営業にしました。でもまあ、忙しさはなくなりませんけどね。

私もこれから1週間、締め切りの仕事を7つほど抱えてなんかめちゃめちゃ忙しくなりそうなので、「忙しい人向けのダイエット」を体験記風に書いていきます。ちょっと書き溜めている記事があるので、時々レシピとかの長編記事が入るかもですが、忙しい人でもできそうな美健楽ダイエットの実践テクニックをお届けしますね。忙しくても作れるレシピや、お薦め市販品食品(写真のような栄養バーなど)もお伝えしていきます。

始める前に、忙しい人がなんで太るのか?の原因ですが、ずばり「美健楽ダイエットの4部門を全部さぼってしまうデブ・スパイラル(悪循環)に陥るから」

1.ココロケア:仕事で疲れるので「ほっとしたいストレス解消」、働いている「自分にご褒美」、という気持ちから、手軽に手に入る食べ物、美食、お酒、甘いもの、コーヒーなどに走ってしまう。

2.食事:「忙しいから自炊しているヒマなんかない」と、肉類とカーボ類(ごはん、麺、パン、砂糖等)、油がメインで高カロリーな外食に走る。

3.代謝と運動: 一日中デスクワークで動かない、かつ忙しさを口実に運動をサボる。また、高カロリーな外食をしているので胃もたれしてたり体が重いから、動くのがおっくう。代謝アップに効果大のお風呂だってシャワーになって湯船につからないので、カラダの活動代謝は下がる一方で疲れがたまっていく。

1に戻る、というデブ・スパイラルに陥ってゆきます。そうして行き着く先は、大デブ化と生活習慣病...

思い当たるふしはありませんか?私も今日からすでに、ちょっとこのお忙しモードに入っているのですが、昔の二の舞にならぬよう、このブログを利用しつつ忙しい人のダイエットを実践して行きます。明日は、その第一歩、肝心要のココロケア。「忙しいからダイエットなんてしてらんない」という気持ちを食い止める、切り替えるコツをお届けします。忙しい時にこんなダイエットの悩みがあるですけど~、というご質問があればコメントに書いてくださいね。例えば、「忙しすぎて自炊ができない」とか。おおっ、ここまで書いて30分経過。ではでは、仕事に戻ります。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
ここを押して記事への感想投票をどうぞ!記事への感想投票をどうぞ!記事の内容が結構面白かった、役に立ったよ、と言ってくださる方はこちらか左のロゴ(←)を押して投票ください。

投票数が伸びればその関連のテーマの続報記事を書きます。伸びなければそのテーマの記事は人気なしと判断する、という基準にしています。ご協力よろしくお願いします。

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31