トップページ | 2008年12月 »

スーパーより市場へ行こう!な時代の気分

アメリカでびっくりしたこと。ストレート果汁の新鮮なリンゴジュースが飲みたくなって、スーパーに買いに行った。そしたら、

DSCF4919 
どこのスーパーでも、こんな、加工した透明のりんごジュースしか置いていなかった。ラベルをじっとみたら、濃縮還元、加熱殺菌、 へんなビタミン添加と、加工だらけ。りんごの繊維質もぜんぶとられてしまってるし、ぜんぜん”ナチュラル”ではない、 単なる工場生産物でした。

アメリカの大規模流通網、リテールネットワークは、効率を追求し過ぎて、すぐだめになってしまいがちな新鮮な果物や野菜は、扱わない、 扱えなくなってきているよう。そしてアメリカ人消費者たちもそれがわかっているから、中小農家が直売する、 グリーンマーケットの人気がアップしてるみたい。割高でも、新鮮でナチュラルなものを、作り手の顔が見えるところで安心して買いたい、 という気持ちもあるのかも。

また、ニューヨーク州では、りんごジュースを“加熱殺菌”せねばならないという州法があるらしく、ミルクもおなじ。たぶん以前に雑菌・ 食中毒さわぎでもあって、州が訴えられたんだろうな。訴訟社会のアメリカでは、すぐ訴えるという悪しきカルチャーがある。そこで、 訴訟されるといやだから、生ジュース・生乳はぜんぶ加熱してしまえ!と、州のお役人が考えた。で、 こんな法律ができたんだろうなあと推測します。

NYの上の方のりんごの産地、バーモント州のりんご祭りに行った時も、りんごの生しぼりイベントに参加した。そしたら、 【このジュースは生なので、雑菌混入の恐れがあります。自分でリスクをとって飲んでください。主催者は責任もちません】なんて、 責任回避満々の但し書きを見たんですよね。訴訟社会は、せちがらい、しかたないなあと思いました。だから、加熱殺菌は仕方ないか。

でもスーパーがだめならグリーンマーケットと、りんごジュースを探しにでかけたら、おおっ。ちゃんと絞った果汁っぽい、 おいしそうなリンゴジュースがあるじゃあないですか。

 2008_1025NewEngland10325

スーパーの大瓶加工ジュースが3ドル弱で、これはやや小さめだけど2.5ドル。うん、でもまあわりに安いわ。日本と比べると (日本の1L牛乳パックの1.5倍くらい?)、ものすごく安いけど。

★今日の学び: 大手スーパーで加工農産物を買うよりも、多少割高でも、中小農家の作り手から、おいしい(なるべく) ナチュラルな農産物を安心して買いたい。それが、消費者のいまの気分、今後の方向性だと思う。

日本でも、大手食品の商品に異物混入なぞの事件がおきているようですね。こうした作り手との直売通販や、 グリーンマーケットというのは、新鮮さのほかに安心感も売れるので、今後ますます人気・定着するでしょう。スーパーは、 ホールフーズみたいにグルメ健康化しないと、生き残れなくなるんだろうな。

|

アペタイザーになる巻き物料理6種(Roll Foods)

  2008_1025NewEngland10274
今日の実技授業は、アペタイザーになる巻物(Roll Foods)の日。時計の1時のとこから、右回りに、

1)白菜のテンペ巻き★
2)ギリシア風・葡萄の葉のドルマ
3)ベトナム風・生サラダ巻き・ピーナッツソース
4)中華風・揚げ春巻き・ダックソース
5)コラードの葉で巻いたマッシュルーム入りクスクス・マッシュルームソース★

ギリシア風ドルマじは、塩漬けブドウの葉で、グレインを巻いたものです。美味しくて手軽そうなので、 また作ろうと思ったのは★つきの1,5,6(下記参照)。

2008_1025NewEngland10269
こんな感じで、皆で作ったものをずらっと並べて、試食します。

2008_1025NewEngland10262

上の写真より先に作って食べちゃった、★6)のりで巻く、日本の巻き寿司。焼きサーモン、アボガド、ニンジン、わさび入り。 寿司の流行・定着で、生魚が苦手なアメリカ人は減っているとはいえ、まだまだいますね。日本人のくせして巻きがへたなのは、見逃して。。。アメリカの玄米やのりは微妙に日本と違うので、巻きにくいのです(言い訳?)

 

 

2008_1025NewEngland10266

ベトナム風生春巻き。ライスペーパーをお湯で戻して、      春雨でなく千切りにしたニンジンやかぶなど、千切りサラダを巻きます。ミントとバジルを飾りとして、透かして見えるように。      ピーナッツソース添え。





2008_1025NewEngland10268

コラードの葉で巻いたマッシュルーム入りクスクス・マッシュルームソース

 

 


2008_1025NewEngland10272

こちらは揚げ春巻き。とはいえ、これまた春巻きは入っていなくて、野菜が中心です。     

| | コメント (0)

秋梨2種:ボーズとバットレットでコンポート

10月のフルーツは、りんごと梨。今日は料理の実技試験の課題、梨のコンポート・リンゴソース添えを作るため、 ユニオンスクエアマーケットでお買い物。

2008_1025NewEngland10321
アメリカのは、日本では“洋梨”といわれるけど、ここではもちろん普通の梨(Pear)。逆に日本の梨が、 “AsianPear(アジア梨)”と呼ばれてます。USでは以下の2種が、メジャーな品種みたい:

★日本でよく見かける茶色っぽい洋梨が、BOSE(ボーズ)
★緑っぽい白っぽい洋梨が、BARTLET(バットレット)

両方とも同じ値段で、オーガニックでない普通のものが、
★1ポンド(約500g)当たり$1.75。
4個で3ドル弱(300円)でした。
日本では4個入りが旬になると350-500円だから、USのほうが1-2割ほど安いかな?

これをりんごジュースで煮てコンポートにし、煮汁を煮詰めてソースにするというのが、実技試験のひとつ。簡単そうだけど、 皮を芯を芸術的にむいたり、煮汁を煮詰めてソースっぽくするのに、神経を使うのです。油断すると、キャラメルになったり焦げたり、たいへん。 また、固めの梨を選んで、柔らかすぎず絶妙に茹でるのが、一番のポイント。今日はこれから何度か作って、試験に備えます。簡単なわりに、 デザートとして使えるレシピなんで、うまくコツをつかんだら、レシピアップしますね。

| | コメント (0)

一般向け料理教室を先生視点で見学
(Audit of the Public Class)

今日は、一般向けの料理教室の、下準備お手伝い兼見学授業。将来自分が、料理教室の先生になることを想定して、”教え方” を先生視点で学ぶのが目的です。

20081025-Dish1
今日のメインディッシュ。秋野菜のシチュー、アジア風テンペとワイルドライス添え。前菜のチリ・ ガーリック風味ゆでブロッコリーの写真を撮り忘れたけど、3コースでした。
20081025-Dish2
デザートは、ノンシュガーで米あめを使った、キャラメルリンゴのコンポート、ピーカン添えでした。

とはいえ私は、今まで百回は軽く超える ほど、日本やヨーロッパで料理教室をとりまくったり、    日本の某有名カルチャースクールやツアーセミナーで、自分でもちょっとした料理を教えたりさせて頂いている。つまり、    そこそこの料理教室経験者なので、うーん、わざわざ見学する価値あるかなあと、ちょっとめんどくさく思ってました。すみません。    

でもね、これがなかなか学ぶことが多かった。見学したクラスが、
★“ほとんどベジタリアン”料理テクを使った、秋のコースレシピ
というテーマで、
★“ちょこっと参加、あとは見学とコース料理をたっぷり試食”
という、日本ではまだ珍しい“部分参加型”だったからだと思います。

つまり、ちょこっと野菜を切る程度の参加で、あとはお茶を飲みつつ座って、先生が料理しつつ説明するのを聞くだけ。さらに、 ここはビストロ!?というほどの、本格的で量もたっぷり、お代わり自由の幸せ“試食”が、ウェイター・ウェイトレスさんのサービスつきで、 供されるんですよ。言い換えれば、ビストロで食べる前に、シェフの説明を聞いているって感じ。しかも料理のやり方だけではなく、 新しい健康食材、海藻やテンペなぞの使いこなし方・買う場所まで習えるというのが、 このグリーングルメ系料理学校ならではのメリットと特徴です。

日本の料理学校は、多人数で手分けして必死に作る完全参加型か、眠くなってくる見ているだけの見学型のどちらかが多いと思う。 完全参加型は身につきそうだけど、実際はそうでないことが多い。ひとつのテーブルが7-10人だったりと多いので、料理の一部、 せっせと野菜を刻んでただけだったーというパターンになりがちで、結局コースの全体が見えない、理解・体得できないのです。

こういうちょこっと参加、しかもビストロ並みのウェイターサービスで優雅に食事が楽しめるという折衷型が一番いいと思う。 多少は実技も身について料理した感があり、気楽に参加して楽しめる。だから、また行きたいという気になるんですよね。

その素晴らしくおいしかった、“ほとんどベジタリアン”な秋のコースメニューは、

前菜: ガーリック・チリ風味のゆでたてブロッコリー、
       オリーブオイル・レモン添え
メイン:秋の季節野菜のバターナッツスクワッシュ・シチュー、
       アジア風マリネ・テンペのせ
       ワイルドライス添え
デザート:キャラメルリンゴのコンポート、ピーカントッピング

さて私自身の、今日の美健楽な学びはというと、

★将来自分で料理セミナーを開くときは、こういうおしゃれで楽しめて、五感をすべて使って学べる“部分参加型” のビストロ風セミナーにしようっと。

| | コメント (2)

ダイエットから美健楽(ウェルネス)生活へ

こんにちは。美健楽ダイエットの桜子です。この夏、カリフォルニアで、NLP心理学の最上級資格、 【トレーナーとコーチ】の2つを無事取得いたしました。そしてただ今はニューヨークにて、【グリーングルメ・シェフ】 の資格取得のために長期修行中。2008年秋現在、生まれも育ちもニューヨーカーのルームメイトと一緒に、マンハッタンのど真ん中、 ユニオンスクエア・エリア暮らしをしております。
2008_1025NewEngland10307
10/31がハロウィーンなので、ユニオンスクエアのグリーンマーケットには、ハロウィーンにつきもののかぼちゃが大量販売中。 ニューヨーカーのお姉さんも、かぼちゃ色のマフラーでコーディネイト?今日は風が強かったので、 連れのワンちゃんのほうは早く帰りたそうでしたけどね。

ここは今、マンハッタンで一番、健康志向美女やベジタリアンレストランが密集しているという、噂の場所。 マンハッタン一にぎわうグリーンマーケットがあったり、自然食グルメやフレンチの料理学校、ホットヨガの本家ビクラムヨガ・スタジオ、 さらには躍進中の健康グルメスーパーのホールフーズもありますしね。

ここで私は、ダイエットをほぼ卒業し、美健楽な体と心の状態を楽しみつつ維持すべく、シェフ修業中生活を送っています。 今までのダイエットブログが、ココログのメンテ時のバグで更新困難に陥ってもいることですし、ココログとやりあうのももう飽きた。 というわけで心機一転、この新ブログで、NYから最先端の美健楽(ウェルネス)生活・情報を、お届したいと思います。

とはいえ、毎日新しい刺激と情報、学びがたくさんありすぎる!よって、まだまだ“発信” するというよりも、 自分の備忘録として使っていくのが、このブログの主目的。そういう意味では、ブログ=日記の初心に返って、 こまめに日記風に写真の整理を兼ねて、更新したいと思ってます。

自分の体と心を美健楽に保ち、理想体重を自然に維持できる、美健楽なグリーングルメ食事法とはなんぞや?が知りたい方。

アメリカの最先端の美健楽(ウェルネス)情報やその現場からの、生の情報が知りたい方。

アメリカに英語以外のスキルを身につけるための、社会人留学を考えていらっしゃる方。

ニューヨーク大好き!で、ちょっと大人の旅人・リピーター的地元にとけこんだ旅をしたい方、

なぞには、なんらかのご参考になるかもしれません。それではまた!

| | コメント (0)

トップページ | 2008年12月 »