« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »

ベジ人気急上昇のアガベシロップと茶砂糖の日米比較

★5・28・2009年に、わたくしのアメリカのグリーングルメ・シェフネットワークからの最新情報で、アガベは健康に悪い!説が飛び込んできました。現在調査中ですが、とりあえず今の時点ではアガベはお勧めできませんので、ここのリンクからは買わないでね!(リンクはずすと写真が消えちゃうので、仕方なくリンクは残しておいてます)★

     こんばんは。昼間風邪のため寝倒しすぎて、すっかり眠れず困っている七海です。ぼーっと時間をつぶすのもなんなので、自分で調べた最新人気健康食材、アガベシロップについて、メモっておきます。

    日本ではまだまだなじみのうすい、アガベシロップ。アメリカでは、加熱してないということで、特にローフードの店から人気に火がついたよう。ベジタリアンに人気急上昇中の、100%植物性シロップ(茶色の糖分)です。

    ちなみにさくっと、”砂糖代わり”をまとめておくと、

    ●白い精製砂糖はグリーングルメでは白い麻薬と同じ。わりとなんでもゆるくOKなグリーングルメには珍しく、麻薬と同じく禁断症状を起こすので、白砂糖は絶対NGなのです。多少は、たまにはいい?いえいえ、麻薬は量を減らしてもだめ。返って飢餓がつのります。きっぱりやめるしかないのです。しかもね、白砂糖の美味しい代用品、いや白砂糖より美味しいものががたくさんあるので、きっぱり止めるのがわりと楽なのです。

    ●その白い精製砂糖の代わりは、茶色の未精製砂糖。茶色なのは精製してビタミンミネラルといった大切な”不純物”をそぎ落としていないから。だから簡単に、白砂糖vs茶砂糖とよびますね。

    ●その茶砂糖について、日本で人気なのは、
    きび砂糖と
    メープルシロップ
    米あめ類
    どれも北海道や北の産物だから、体を温める糖分であるという、マクロビオティックの教えによって、近年普及、人気化しています。

    ●でもアメリカでびっくりしたのが、きび砂糖があまりない!アメリカで人気の茶砂糖は、
    玄米水あめ(ブラウン・ライスシロップ)、
    メープルシロップ、
    メープルクリスタル(メープルシュガー)
    そして近年人気急上昇中の
    アガベ(シロップ)
    ローハニー(生はちみつ)

さていよいよ、    
★アガベ(シロップ)とは
   
    メキシコの竜舌蘭(リュウゼツラン)の葉っぱの甘い液
    竜舌蘭はテキーラの材料でもある
   
    よくサボテンの樹液と誤解されていますが、それは間違い。(えっ!?そう思ってた)

続きを読む "ベジ人気急上昇のアガベシロップと茶砂糖の日米比較"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻薬デブフードの秘密(クリントン・ストリート・ベーカリーx 2/2)

    お久しぶりです。ニューヨークのひどい風邪で久しぶりに倒れるまで悪化し、うなされていた桜子です。やっと眠れる時間がとれて、死んだように15時間寝たら、回復の兆しがみえてきました。この詳しい経緯と、風邪のときに体と心が求めたココロフードに関して、本家ダイエットブログのほうで今日の記事にしたので、ご興味のある方はそちらも読んでみてね

    4pic-clintonStBakery.jpg

    さて、間あいちゃったけど、前回の記事、クリントン・ストリート・ベーカリーの続きです。この写真の人気店で、大量の日本人観光客と遭遇。みーんな、おんなじような日本の観光ガイドブックを手にしてるんですよね。地球の歩き方ではなく、A4サイズで写真が大きい、るるぶとかね。ついつい好奇心から、3組の日本人カップルに、それぞれのガイドブックをみせてもらった。そしたら、気づいたことが。

    あれ?どうもこれ、パンケーキの写真、同じ写真のような気がする。ということは、このガイドブックが雇ったライターさんが、この店にきて食べたわけではなさそう。うーむ、つまり私が推測するに、

    日本のガイドブックの編集者が、
    ↓
    ZAGATを見て、No1になっている店を日本でチェック
    ↓
    現地取材はお金がかかるから、NYにいる日本人のフリーライターや取材コーディネイト会社に連絡して、この店の広報係から、PR用写真を入手
    ↓
    つまり、みーんな、取材もせずに、店側もしくは取材コーディネイト会社が提供した、おなじ写真を使うことになる

    ってことなんじゃないかと。でないとここまで、横並び記事にならないよね。最近地球の歩き方もそうだけど、ZAGATをそのままパクっているガイドブック、多いしなー。と思いました。(あくまで、個人的推測です。いや違うという業界通の方がいたら、教えてね。)

    ちなみに私は、この程度の店で(食べている人のパンケーキをみて、はずしたことは、食べる前からわかってましたんで)混雑と行列に40分以上並ぶのは死んでもいやなので、裏ワザをつかいました。それは、おひとりさまカウンター技。ここ、混んでる店にひとりでいくときの、穴場なんですよね。こんな感じで、厨房や準備をしている裏方の場所がのぞけるのも、シェフ(勉強中)の私としてはおもしろい。 混み過ぎていてフロアの店員はめっちゃ感じわるい対応だったけど、カウンターの中の飲み物担当の男性だけは、まだ多少余裕があって、親切だったのもカウンター席でラッキー。

続きを読む "麻薬デブフードの秘密(クリントン・ストリート・ベーカリーx 2/2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病みつきパンケーキの怖い秘密:クリントン・ストリート・ベーカリーx(1/2)

    今日は時間がないので、書きためておいたグルメ記事、いつものグリーングルメではなく、久しぶりのデブフードグルメをどうぞ!

    いつもは健康系グルメの食べ歩きなんですが、私はまあ7割ベジタリアン3割肉食なんで、わりとふつうのデブフードグルメ、あっいや、ふつうのグルメごはんにも行くのです。というわけで、久しぶりにアメリカのデブフード朝食、パンケーキがNYで今一番おいしいという噂の、ZAGATで朝食No1ベーカリーに選ばれている店に、味とマーケティングの勉強のために行ってみました。

    ●Clinton Street Bakery x(@ロアーイースト)

    (このxマークは、たぶん私は二度といかないだろうなあというお店です)

    ロアーイーストというとこは、観光するとこがまったくない、マンハッタンの中でも地下鉄の便が不便なとこり。20年ほどまえには、危ないから絶対に近づくな!といわれていた、川よりの南東部なのです。今はそこまで危険ではないけど、バスしか交通の便がないので、私はあまり住みたいエリアではありません。その代り家賃が安いので、若い子たちや新しくお店をだすお金のない若いシェフたちが、住んだり店を開いたりしているのです。

    で、いきなりですが、こちらがこの店の看板メニュー、ブルーベリーパンケーキ!添えてあるメープルシロップバターについて、かなりほめちぎったコメントがZAGATにのっていたので、期待していきました。

でもこれが。。。ものすごーく、普通。えっ?そんなにおいしいか?これっ?って味。例えればうーんと、あっそうそう、日本のスーパーで、ホテルオータニのホットっケーキミックスっていうのが売ってるんですけど(今でもあるかな?)、あれとおなじ感じ。クリームっぽくリッチな味わいなんですが、わざわざ食べに来るもんかね?しかも行列してまで??って味なのです。

    20090110-01.jpg

    ちなみにこの店が人気がでた理由を、シェフ目線で分析すると、

続きを読む "病みつきパンケーキの怖い秘密:クリントン・ストリート・ベーカリーx(1/2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYの$9懐石風ベジ弁当:YUZU★

    マンハッタンはミッドタウンの、日系企業に勤めるお友達がお勧めしてくれた、宅配弁当。これも一応B級グルメ価格帯なので、記事にします。ただし、旅行者の方に1個だけホテルへというのは、宅配してくれないみたい。マンハッタンで働いている友人がいたら、頼んでみたら?マンハッタンで、美味しいでも健康的な和食が、安く食べたい!と思った時に、どうぞ。

    resized500-475DSCF8243.jpg

    宅配場所も限られていて、ミッドタウンはメーシーズデパートの上のほうあたりです。詳しくはHPでどうぞ。

    resized500-475DSCF8238.jpg

    さてこのお弁当、

    ★YUZU(ユズ)・ここからHPにリンクしてます

    という、日本人シェフの方がやっている宅配弁当です。私のグリーングルメにかなり近いコンセプト。野菜か魚弁当、1つ9ドル(900円)という、日本での会社ランチとしてはお手頃、10ドル以下のB級グルメ価格帯です。で、私の感想をずばりいえば、

    ★なるほど、日本のデパ地下料亭弁当(なだ万とか)を、
    ちょい庶民的家庭料理にして、
    ちょいアメリカナイズドしたお弁当

    なんだなと思いました。たしかに日本人にはおいしい味です。その理由は、

    +写真の煮物を食べて思ったのですが、このシェフの方、ホテルシェフだったこともあるひとなので、懐石料理かなりやってらしたかなと。だしの効かせ方、野菜の切り方など、懐石料理の影響を感じる、上品さです。だしの効き方が、私にはちょっとしょうゆとだしが強すぎて、素材の味がわかりにくかった。これは好みの問題ですね。アメリカに長期滞在している日本人にはこれくらいだしとしょうゆが強いほうが、なつかしいのかもしれません。

    +-ただし、アメリカのホテルでも働いていた影響か、ちょっとアメリカ化した味付けも感じます。写真でいきなりそばサラダがはいっているのですが、これはアメリカでの和食の人気メニュー。しかもそばにごま油を多めからめているとこが、アメリカンだな。日本人にはちょいときつめの味付けかも。

    改善点というか、いまいち点については、

    ーとうふハンバーグ?ふつうだなと思って食べたら、おからハンバーグだった。日本からソイ(大豆)ミートを取り寄せてるって書いてあったけど、おからのこと?このおからハンバーグは、べちゃべちゃしてていまひとつ。やはり友達のお勧めの魚のほうにしておくんだった。日本人はまだまだ、野菜・植物性の材料で肉がわりを作るのが、苦手のよう。マンハッタンでは、ベジタリアンよりも、くさくない美味しい魚料理のほうが、稀少価値があります。

    -このお弁当、マンハッタンに長期で滞在してる日本人には人気かもですが、日本でデパ地下弁当を食べ慣れていたら、あまり珍しくはないかも。強烈な個性というか特徴がないのが残念。

    ー気軽に1つから宅配してくれないので、一般旅行者や留学生は相手にしてくれないってことらしい。手軽に入手できないので、味としては★★なんだけど、★にしました。

    このお弁当、日本人サラリーマンには人気らしいんですが、アメリカ人には高い!量が少ない!ということで、いまひとつうけが悪いらしい。アメリカ人と日本人の好みの違いには、うめきれないものがあるからね。

でも、マンハッタンの日本人サラリーマンたちの健康をささえるべく、頑張ってほしいものです。こんど、魚弁当にもチャレンジしてみたい。お魚がおいしかったら、いきなりリピートしたくなるかも。それでは、また。

    読者の方の反応を感じる目安として、料理ブログ健康食ランキングに参加中。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←よろしかったら1日1ポチ応援をお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物の消化はまずin mind(ココロ)が決める:食物アレルギーや好き嫌いを治す考え方

    今日、健康系料理学校の先生(シェフ)がいったひとことが、美健楽(ウェルネス)についての真理をついていて面白かったので、書きとめておきます。

    最近私らのクラスは、いろんな定番の健康食事法を学習し、すぐその料理を試食して食べる、という構成になっています。で、先日、食べ慣れないローフードを試食したら、そのあと軽くおなかをこわした私。↓こんな、ローフードごはんでした。

    2008-1217-104948.JPG

    ●食べ慣れないローフードを、からだが受け付けなかったんだろうな

    と 思いました。事実、ローフードはなんでも生で食べるので、ちょっとあくがつよい、穀物とか豆なんかも、むりやりすりつぶして食べるんです。大丈夫かな?とびくびく食べるので、食べた後からだが冷えると同時に、なんかおなかがごろごろしてたんですよね。

    ちなみに私、おなかはかなり強いほう。

続きを読む "食べ物の消化はまずin mind(ココロ)が決める:食物アレルギーや好き嫌いを治す考え方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一見普通?NYの美味な、健康系B級グルメ(予告編)★★★

    人気ブログランキングから、にほんブログ村に引っ越しします。あと少しでこのブログを、人気ブログランキング・海外カテから、登録削除します。このブログを続けて読まれたい方は、ブックマークするか、ブログ村の料理ブログ→健康食カテゴリへお越しくださいませ。

    さて今日は、マンハッタンで私がおいしい・当たりだと思う、お気に入りB級グルメフードの記事を書こうとしたんだけど、ちょっとこの1週間ほど忙しくなりそうなので、断念。とりあえずヒントの写真だけUPしておきますね。しばらく、更新が不定期になるかもしれません。↓この写真がヒントですけど、どこのお店のなにかわかった人は偉い。そこらで1ドルで売っている、単なるピ●じゃないですよー。

    DSCF8212.JPG

    関係ないけど、夜遊びして↑をテイクアウトして帰宅したら、預かっているわんこのダンキンくん、男の子1歳が、私のイスの上で思いきり寝ていた。あやうくその上に座りそうになったから、あぶない、あぶない。真っ暗にしていたせいか、電気をつけてもまったく動かないくらい、熟睡してたんですよ。犬ってこんなに熟睡するんだっけ?まだ子犬だからかしら?番犬にはならないですね。

    DSCF8133.JPG

    しかも、子犬のくせに、悟ったような、気難しいような顔で寝ています。でもこれは地顔で、いつもこんななんですよ。で、うちのアパートのドアマンにつけられたあだ名が、“リトル・モンク”(小さいお坊さん)。彼のママさんは、インド系アメリカ人のベジタリアン女性だから、インドのお坊さんイメージがあるらしい。

    DSCF8140.JPG

そうそう、だからこのわんこも、なんと犬のベジタリアンなんですよ!もう一匹のベジタリアンでないわんこ用の、ちょっと肉っけのあるドッグフードを間違っ て食べて、おなか壊してました。犬って自然に肉食だと思っていたけど、育ちによってはベジタリアンになるのねえ。びっくり。 しばらくしてダンキンくん、↑の写真の食べ物の匂いをかぎつけて、がばっと起きました。でもね、人間の食べ物は犬には塩分が濃すぎたり、玉ねぎ中毒になる から食べちゃいけない玉ねぎなどが入っているから、絶対あげないよーだ。ごめんね。

読者の方の反応を感じる目安として、料理ブログ健康食ランキングに参加中。
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←よろしかったら1日1ポチ応援をお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国ベジ懐石Hangawiは肉抜きおしゃれ重視料理★(期待外れ

    食べた後に、物足りない、もっと食いを誘発するベジタリアンレストランの例、その2です。ネットやZAGATで、一般の人たちにも高評価なお店、

    ★HANGAWI(ハンガウィ):韓国式ベジタリアン懐石(ヴィーガン)

    とでもいいましょうか。お値段も懐石似で、ベジ系としては高めです。人気メニューは、エンペラーコースというちょっとずつ色々のテイスティングメニュー。だけど、2人以上でないと予約不可でひとり$40のA級グルメ価格帯なので、まずはランチでチェックしにいきました。人を誘ってはずすと、申し訳ないですから。最終的に頼んだのは、写真の2品+玄米ごはんの2-3人前になっちゃった。ベジタリアン・玄米ボウル(つまりビビンバ)と、豆腐とキムチの鍋(つまりキムチチゲ)の2つ。ランチでも、1皿13-14ドルの、B級価格よりお高め価格でした。

    2008-1230-124222.jpg

    こんなところで食べました。

    2008-1230-124234.jpg

    最初頼んだのは、ベジタリアン・玄米ボウル(つまりビビンバ)だけだったんですよ。最近私、小食だし。

    2008-1230-124246.jpg

    でも運ばれてきたビビンバを見た時に、違和感が。あれ?なにか足りない。

続きを読む "韓国ベジ懐石Hangawiは肉抜きおしゃれ重視料理★(期待外れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベジ食のどか食い落し穴:Dim Sum Go Go★★(中華街)

    おはようございます。昨日は、このブログを見てご連絡いただいた読者の方と、プチオフ会?でお会いしました。うーん、ダイエット桜子読者でないネット読者とお会いしたのは初めてだったので、新鮮。7割ベジタリアン=グリーングルメは、やせたいと必死なダイエッターより、なるべく美と健康でいたいという肩の力の抜けた美人さんが多いのかしら?(自分はさておき)。その方もグリーングルメ食好きだということで、二人以上でいくといろいろ食べられる“ベジタリアンに優しい”飲茶にいってきました。お店の名前は、

    ★★DIM SUM GO GO (中華街、Chazamスクエア)

    10個の野菜オンリーな点心(シューマイや餃子といった小さめ惣菜の呼び名、これらを色々選んで食べる食事法が飲茶)がちまちまーと並んだセットが、確かTipと税込みで15ドルくらい。これが、美味しかったのよ!味は当たり!

    2009-0101-133242.jpg

    ここはベジタリアンではなく、普通肉魚系もある、飲茶専門店。でも、ベジタリアンを意識して、野菜のみの点心類が充実しているので、”ベジタリアン・フレンドリー”(ベジタリアンに優しい店”と分類されているところ。グリーングルメ、70%ベジタリアンな私には、こういう店が結構重宝します。野菜・穀類カーボ系をメインにとって、ちょこっと魚系のだしの効いたものを追加、という、植物性メイン、動物性ちょこっとのわざが使えることが多いから。

    ここのいいところは、

続きの前にランキングもチェキ→

続きを読む "ベジ食のどか食い落し穴:Dim Sum Go Go★★(中華街)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Crazyでヘルシーでグルメなニューヨーカー的年越し

    あけましておめでとう!元旦の朝のNYです。。。けど、日本は日付が変わって、もう1・2なんですね。ちょっと遅れたタイミングですみません。昨晩の年越し=カウントダウンは、マンハッタンの夜景とシャンパンとともにすごしました。アメリカでは、年越しそばもおせちも、なべ料理もないけど、カウントダウンだけはみんなわりとするらしい。仲間同士のパーティとか、ちょこっと集まって、ラジオのDJの興奮しまっくたハイテンションの声なんぞ聞きながら、

    ナイン、エイト、セブン、シックス、ファイブ、フォー、スリー、トゥー、ワン、
    ハッピーニューイヤー!

    でまわりの人とハグで抱き合いながら、ハッピーニューイヤーの嵐。。。なのです。私らは3人でしたけど、その大規模なのが、タイムズスクエアのカウントダウンね。NYの大みそかは雪がふったホワイトおおみそかだったので、厳しい零下の寒さでした。グラスの左と右に、二つの有名ビル、エンパイアとクライスラービルを見ながら飲むシャンペンは、心の贅沢です。(いつもながら、夜景写真がぼけててすみません)。

    2008-1231-212429.jpg

    2008-1231-134535.jpg

    うちのマンションの屋上は、エンパイアステートビルとクライスラービル、二つの有名ビルが一度に見られる、プレミアムロケーション!写真じゃ遠くにみえるけど、実際はかなり近い。11時半ごろから、重装備にあったかく着込んで、折りたたみ椅子をもっていって、屋上へ。おおみそかの日は雪が降ったんで、それがまだ残ってました。風があるんで体感温度はさらに寒く、たぶん零下10度くらいかな。こんな日に屋上にいくCrazyは私らだけだったので、がらーん。夜景、独り占めです。

    2008-1231-212257.jpg

    久しぶりにプチぜいたくして、50-60ドルするお気に入りのシャンパンを購入。普段は学生生活だし、お酒は時間泥棒だから、ひとりでは飲まないことにしてるんだけどね。さらにシャンパンの友には、お気に入りのナチュラルスイーツの店、AMAIで買った、本物のシャンパンで上をコーティングしてあるシャンパン・グレイズドブラウニーと、新作のダークチョコレート抹茶ケーキ。シャンパンとチョコって、相性いいの。しかもこのシャンパンコーティング、名前だけだろと思っていたら、ちゃんとシャンパンの味がする!最近のお気に入りなのです。

    この店の抹茶カップケーキは今、おしゃれでトレンディなニューヨーカーに人気急上昇中なのです。まだZAGATに荒されてない、できて1年くらいの新しい店だから、おしゃれでトレンディなグルメ人しかこない。でも今年ZAGATに載ってしまうだろうから、そしたら混み過ぎて店の雰囲気が荒れちゃうだろうな。こういう人気が出始めたころの、知る人そ知る店が、一番美味しいものをいい雰囲気で提供してくれます。

    2008-1231-144306.jpg

    さらに、オーガニックのラズベリーと、

続きを読む "Crazyでヘルシーでグルメなニューヨーカー的年越し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよならとありがとう-NY年始年末の人ごみと人の温かさ

    おおみそかの朝のマンハッタンです。日本はあと30分ほどで新年2009年ですね。ちょっと早いですが、よいお年を!、あけましておめでとう!と、いっておこう。NYでは、新年はHappy New Yearだけど、クリスマスから年末にかけてはなんて挨拶するのかな?と、ちょいと疑問がわいてました。答え。。。単純に、30日ごろから、Happy New Year!が飛び交っております。

    そっか、よいお年を、つまりよい年越しを!にあたる言葉がないのね。年越しという英語は、カウントダウンというのがあるけど、Happy count down!とはいわないのか。たぶん、日本人ほど年越しを祝う気持ちがなくって、クリスマスのほうがずっと大きいお祝いだからでしょうね。というわけで、私もニューヨーカー流に、おせちも年末大掃除もせず、のんびりと過ごしております。抜けるような青空のエンパイヤステートビルを眺めたり、

    2008-1230-02.jpg

    ひそかにお気に入りの、クライスラービルを激写してみたり。青信号だったので、車道にでて写真撮ってたら、タクシードライバーにCragy girl!って叫ばれたよ。girlですか、ありがとね(そこ、喜ぶとこ?)

    2008-1230-01.jpg

    まあね、せっかくNYにいるんだから、多少はクリスマス・New Year見物でもしますかとでかけたら。。。あまりの人の多さに、びっくり。ツリーそっちのけで、このリアルタイムの群衆を撮ってました。巨大ツリーのライトの数より、明らかに見物客の数のほうが、多いわね。スケートリンクで滑っているのも、ここは観光客が多いです。数年前にこのリンクで、ニューヨーカーの友達にむりやり滑らされましたが、滑る前に人とぶつかるんで危なっかしく、5分でリタイアしたことがあります。 きれいな写真は、こういう人ゴミの真実をなるべく移さないように、きれいなイルミネーションだけ切り取りますよね。でも、実際はこんなもんなので、タイムズスクエアにカウントダウンに行かれる方、折りたたみ椅子やら携帯カイロ、万全の防寒対策をお忘れなく。携帯トイレもあったほうがいいかもよ。私?絶対、行きません!でもまあ、人の集まるところには独特の熱気があって、暖かいのはいいところです。

    2008-1230-03.jpg

そのほかの見どころも、

続きを読む "さよならとありがとう-NY年始年末の人ごみと人の温かさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »