« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

夏の朝すっきりと美肌も!レシピ2:こんにゃくフル・ドリンク

2008-1213-100836.JPG
【写真】外でとろみ系ジュースやスムージーを飲むときは、お湯と水も一緒にもらいます。
    果物はやはり体が冷えるし、朝はとにかく体が乾いているので、
    美肌や便秘改善のためにも、水分補給命!なのです。
    読む前に、↓を1日1回ポチ応援して下さいまし。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←レシピ更新も、増える。。。かも。

    前回の寒天スムージーみたく、寒天ではないけど便秘改善効果が高くて、一押し市販品のとろみ食材を発見。それは、

 

続きを読む "夏の朝すっきりと美肌も!レシピ2:こんにゃくフル・ドリンク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の朝すっきり(便秘解消)・新作レシピ1:寒天スムージー

DSCN6776.JPG
右は、旬のびわと左の手作り寒天、お水を適量まぜた、寒天スムージーの混ぜる前。
DSCN6784.JPG
イワタニのミルサーでがーっしたら、こうなりました。
このスムージーっぽいとろとろ感、写真から伝わるかしら?
後ろの緑は、グリーンカーテンにしてるゴーヤくん。
ゴーヤはすっかり、夏の風物詩です。さわやかだわー。

おはようございます。一週間の始まりの月曜日、夏の朝ごはんの新作レシピです。その名も、

★寒天スムージー

寒天は英語で、Agar agar、アガールアガール。単にAgar、アガールと1回だけ呼ぶこともありますが、重ねたほうがかわい響き。これ、フランス語っぽいけど、だったらアガアガと発音するはず。どっちにしろ、欧米では新しい日本発健康食材なんで、ちょいとエキゾチックな響きです。

私の朝ご飯は、水とお茶でたっぷり水分補給したモーニングティーのあとに、旬のフルーツ、が基本。でもね、毎日フルーツじゃあ飽きるし、ちょい寒い朝はからだを冷やすフルーツがいやな日もあるんです。そういうとき、冷たくない常温、体温と同じくらいの温度のスムージーを手作りすると、からだなじみがいいんですよね。また、スムージーなら、サプリを混ぜ込んだりもできるし。ですので、生のフルーツを食べるよりも、1年を通したら、常温スムージーを飲んでいるほうが多いかも。

それくらい好きなので、レシピは日々、生まれております。というか、同じスムージーを作るのはめったにないかもね。その日の体調、旬のフルーツ在庫、気分に合わせてレシピを変えてます。 でも、グリーングルメ食をマスターしたい初心者の方向けには、基本のレシピをお教えしなきゃあねっ。というわけで、

★基本のヨーグルトまたはバナナ・スムージーレシピは、

続きを読む前に、↓を1日1回ポチだけ、応援して下さいまし。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
複数ランキング登録は、読者迷惑なんでやめました。

続きを読む "夏の朝すっきり(便秘解消)・新作レシピ1:寒天スムージー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れメニュー!胡桃の白いタンタンメンは美肌サプリ

480kuruminoodle

【写真】恵比寿ウェスティンホテルの中の中華飯店、龍天門の隠れメニュー
(メニューに載っていない)、温かい白い(胡桃ペースト)タンタンメン。
1600円なり。ラーメンのくせに、高いぞ!?
いや、アンチエイジングサプリだと思えば、安い?
    ★複数ランキング登録は、読者迷惑とエゴなんでやりません。
    シンプルに、↓を1日1回ポチだけ応援下さいまし。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
    読者反応の目安に使ってます。
★「マクロビオティックで癌?」説にご興味ある方は、こちらをご参考に

    基本調味料・お酢の続きを書いた記事が保存ミスで消えてしまったので、すっかりやさぐれて更新さぼっていた七海です。すみません。書き直しって、ほんと苦手なのよねえ。というわけで、なかなかとっかかれないので、最近めずらしく外食したこちらの高級ラーメンの記事で、勢いをつけようっと。

    というわけで、恵比寿ウェスティンホテルの中の中華飯店、龍天門の隠れメニュー(メニューに載っていない)、温かい白い(胡桃ペースト)タンタンメン。ランチで1600円なり。メニューには、冷たい白い(白ごまペースト)タンタンメン1600円也はあるのですが、こちらは載っていないので、存在を知らないと注文できないもの。最近グルメ番組や雑誌でちらほら紹介されているから、私はもちろん知っていました。

    で、最近すっかり自分ごはんが美味しくて、外食嫌いになりつつあるグリーングルメな私が、なんでわざわざこれを食べに行ったのか?それは、

続きを読む "隠れメニュー!胡桃の白いタンタンメンは美肌サプリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お返事コメント、再開しました

    読む前に、↓を1日1回ポチ応援して下さいまし。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←おかげさまで、こちら、おおっ、もうじき大台!?

最近おかげさまで、ランキング投票数が上がってきました。そのせいか、ぼちぼちとコメントやらメールをいただくようになってきたので、お返事コメントを再開しました。

もしも、コメント非公開にしてほしい、コメントは私にだけ読んでほしい方は、
★コメント非公開でお願いします
と一言いれてください。

うちのブログはコメント認証制なので、まずは私だけが拝見して、そのあと内容が他の方に不快感を与えるものを除き、公開します。メアドを書いていただいた方は、ネット上のスパムメールに拾われる確率が高い。よって、ご迷惑にならないよう、消去してから公開します。

ココログのシステム上、投稿者の非公開希望が、自動的にはできないようですので、お手数ですがよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

基本調味料1-1:お酢、といいつつレモン系ストレート果汁なわけは?

Photo_3

【写真】基本調味料シリーズ、第一弾はお酢。必要度の順に左から

①レモン系100%果汁(沖縄産シークワーサー)
②ガラスの卓上ビンのは鹿児島の黒酢・桷志田(かくいだ)
③赤梅酢
    読む前に、↓を1日1回ポチ応援して下さいまし。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←おかげさまで、こちら、おおっ、もうじき大台!?

    【基本のグリーングルメ調味料シリーズ】記事への、たくさんのリクエストクリック↑、ありがとうございました。ちょっと復習ですが、グリーングルメな調味料の基準とは、

    絶対ではなく、なるべく、でいいんですが、
    ★自然で非加工
    ★世界の伝統食
    この4つの要素がキーワード。まず第一弾は、お酢!です。さしすせその順番に行こうとしたら、うちには砂糖がありすぎて、写真を撮りきれず(笑)。お酢が一番シンプルで写真が撮りやすかったのと、また健康コーチングさせていただいている男性医師のクライアントに、

    「最近疲れがたまって抜けないので、お酢が飲みたい。なにがいいか、すぐ教えて!」

    とリクエストをいただいたので、お酢、行きまーす:

    1.初心者レベル(これだけは、最低限揃えておけっ!レベル):写真①の、100%レモン系果汁

    あれっ?お酢の話なのに、なんでレモン系果汁?と思ったでしょ?米国のグリーングルメ料理学校では、”すっぱさ”のためには、ワインビネガーとかも使いますが、お酢よりもレモン汁のほうがだんぜん応用範囲が広い。サラダドレッシングとか、ドリンク、デザートなどなど。だから、まず1本なにか揃えるとしたら、私はレモン100%果汁>お酢なのです。

また、お酢もレモンも、疲れをとる作用のあるクエン酸等は、いっしょ。疲れて乳酸がたまった酸性気味の体を、アルカリ性にして疲れをとってくれる同様の作用が、期待できますしねっ。

    というわけで、おすすめ100%レモン系果汁の条件は、

Google 検索
 
Wikipedia
 
Google 翻訳
 
価格比較
 
難易度判定
 
設 定
Google 検索
 
Wikipedia
 
Google 翻訳
 
価格比較
 
難易度判定
 
設 定

続きを読む "基本調味料1-1:お酢、といいつつレモン系ストレート果汁なわけは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーングルメ基本調味料のセレクト基準とは?


【写真】うわー、この新しいテンプレ、写真をケータイから送ると、
おっ、大きい!テスト的に送ってみたので、あまりきれいな写真でなくて、
すみません。うちの冷蔵庫の中の、調味料のごく一部です。
ピリ辛ものがおおいので、辛いもの大好きがばれちゃってますね。。。
     読む前に、↓を1日1回ポチ応援して下さいまし。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度が増える。。。かも。

    昨日から、ブログのデザインを、写真中心になるように変えてみますた。そしたら、写真をあまり掲載していないことに気づき、ちょっとスカスカ。。。?

    いえいえ、これが狙いで、料理・フードブログとして、今後写真を中心にアップしていこう!というプレッシャーを、自分にかけているのです。一日最低1枚は写真UPして、記事も短めにポイントを絞って、もっと更新していく予定。でないと、生来のなまけぐせで、ついさぼっちゃいますからね。

    米国健康系グルメ(ベジタリアン)・シェフ修業成果を、日本人にあうようにアレンジしたグリーングルメ食事法、やっとまとまってきました。だから、このブログで記事にしながら、ちょっとずつ書き上げていきたいと思っているのです。

    最近、グリーングルメ食事法で毎日の食事を作っているので、あまり考えずに、時間も短縮できて美健楽なごはんが食べられるようになりました。バランス良く食べるって、頭つかうじゃないですか。だから、最低限の基本レシピと作りおきレシピを、まとめたいんですよね。

    時間と頭を使わず、お気楽に美と健康にいいごはん。美健楽なグリーングルメ食のメリットです。

    さて、今日から始まるのは、【最低限の調味料シリーズ】。グリーングルメ食を教えていると、入門者に必ず聞かれるのは、まずなにを揃えたらいいのかということ。それは、

    ★基本調味料をリストラして、グリーングルメなものに変える!ことです。

    グリーングルメな調味料の基準とは、

    絶対ではなく、なるべく、でいいんですが、
    ★自然で非加工
    ★世界の伝統食
    この4つの要素がキーワード。詳しく説明すると、

続きを読む "グリーングルメ基本調味料のセレクト基準とは?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

梅酒レシピ2:ホワイトリカーと白砂糖をヘルシー上質食材に置き換え

    美健楽なグリーングルメ梅酒レシピその2、一般的梅酒の健康置き換えレシピです:

    ★レシピ2:こだわりグルメ寄りビート梅酒

    青梅1kg(オーガニック)
    てんさい糖の氷砂糖 400-500g
    35度以上の米・麦焼酎1.8L(一升びん1
    本)

    ふつうの氷砂糖を、体を温める北国の砂糖であるてんさい糖の氷砂糖で、ホワイトリカー代わりに、くせの少ないそのまま飲める上質焼酎

    で置き換えます。

    氷砂糖は、どっちにしろ精製しつくした白砂糖と同じなんだけど、せめて体を冷やさない材料であるてんさい糖(ビート糖)にしてみた。中国の陰陽説や、マクロビオティック説に基づいてます。ほんとは、きび砂糖とか茶色の砂糖をまいにち少しずつ混ぜ込むと、白砂糖をさけられて、もっといいかも。

    でも、伝統的に梅酒に氷砂糖が使われるのは、少しずつゆっくり溶けだすスローフード効果がいいらしい。じゃあ、茶色の粉末砂糖でも、毎日少しずつプラスしてやればいいのか?とも思ったんです。

    でも今回は失敗したくないので、まずはいい砂糖材料のてんさい糖、その氷砂糖というのがひっそり売られているのを発見したので、それでやってみます。砂糖ががーんと甘かったら、来年はきび糖に変えてみようっと。

    ちなみにこの、ビート糖(てんさい糖、甜菜糖ともいう)の氷砂糖、どこでも売られているわけでないレアものなので、入手がちとたいへん。手に入れやすいのは、

    ★有機野菜通販のOisixか、
    OisixがやっているAmazonの通販かな。

    私はたまたま、近所のオーガニックショップに売っていたのを発見したので、

    さぼりがちですが、定期更新希望!な方は、↓を押して更新リクエストクリックをどうぞ。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度が増える。。。かも。

Google 検索
 
Wikipedia
 
Google 翻訳
 
価格比較
 
難易度判定
 
設 定

続きを読む "梅酒レシピ2:ホワイトリカーと白砂糖をヘルシー上質食材に置き換え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクロビアン向き梅酒レシピ1-白抜き・ケミカル抜き

    今年私が作る、2種類の梅酒グリーングルメレシピを公開します:

    レシピ1:マクロビアン向き梅酒レシピ: 
    レシピ2:こだわりグルメ寄りビート梅酒

    レシピ1:マクロビアン向き梅酒レシピ: 

    青梅1kg(もちろんオーガニック)
    極上本みりん 1.8Lを、

    35度以上のアルコール(私は家にあったウォッカ使用)で消毒した4L密封びん、
    にいれて混ぜ、
    3ー6ヶ月おくだけ。

レシピというほどのもんでも、ないかもね。でもこれ、マクロビオティック料理研究家の中島デコさんも作っていると、どっかの記事で読んだ覚えがあります。

    これ、100%ベジタリアンやマクロビアンにもOKな、白砂糖をまったく使わない梅酒レシピです。100%ベジタリアンやマクロビアンは白砂糖を絶対避けたがるので、穀物系で血糖値をゆっくりあげる自然甘味料で、砂糖を置き換えちゃえばいい。

    また、ホワイトリカーも人工的なケミカルっぽいので、NGな人、避けたい人は多いはず。だから、これまた自然系のお酒にすればいいのよ。

じゃあ一石二鳥なのは?そう、本物のみりん。みりんは高級和食でも砂糖と日本酒の役割をかねて使われる食材だから、ホワイトリカーと白砂糖(氷砂糖)を一度に置き換えられるのでいいのです。

    がちマクロビアンみたいに細かいことをいいだせば、みりんも白いもち米やら白米でつくっている、茶色じゃないからダメといえる。でも、その精製材料のデメリットを、ゆっくり発酵させるという発酵のメリットが埋め合わせてくれると考えます。

    マクロビオティックという一つの宗教的食事法だけにこだわって信心していると、こういうバランスのとれた考えができなくなります。かつてのがちマクロビアンだった私が、そうでした。自分を制限しすぎて、そのうち自分で窒息→爆発→マクロビ食はもうだめ!と、体と心が拒否しちゃった。

    マクロビもよい点は多いので、ゆるーく自分にあったとこだけ、いいとこどりすればいいのです。だから世界の健康食事法のいいとこどりをするグリーングルメな考え方のほうが、もっと自由で楽な健康指向の人に、なれるんですよ。

    さて話を梅酒に戻すと、実はこのみりんで作る梅酒、というか、梅みりん酒、日本ではちょっと法律的問題ありなんだそう。

    公に作って売ったり、レシピを有料で教えるのは酒税法違法だとか。みりんのアルコール度が低いので、梅をつけ込んでおくと、発酵が進みすぎて、商売として作っちゃいけないアルコール度が高い梅みりん酒になっちゃうかららしい。いつぞやは、NHKがTV番組でこの梅みりん酒レシピを放送しちゃって、法律違反を指摘されてあわてて取り消しておりました。

    でもまあ、私らがおうちでひっそり自家消費する分にはいいでしょ。というわけで、梅みりん酒、今年初挑戦いたします。うっ、また長い記事になりそうだ。ですので、

    レシピ2:こだわりグルメ寄りビート梅酒

    は、次回にゆずります。こちらは、単なる梅のみりん漬けとは違い、もう少し健康よりもグルメ寄り、一般的梅酒に近いレシピ。でもなるべく健康的にグルメにこだわったレシピです。お楽しみに。

    健康指向だけど、グルメな梅酒も楽しみたい方は、↓を押して賛成と更新リクエストクリックをお願いします。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度も増える。。。かも。

Google 検索
 
Wikipedia
 
Google 翻訳
 
価格比較
 
難易度判定
 
設 定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーングルメな梅酒レシピとは美と健康のバランス点(妥協点!?)

    関東地方も梅雨入りしたそうで、うっとうしいグレーの空が2ヶ月ほど続きそう。そんな梅雨時を明るくするために、色々工夫中のシェフ七海です。

    まずは、6月といえばやはり梅酒づくり。でも今まで何度か一般的レシピで作ったことがあるんですが、はっきり言って、

    ★梅酒って、伝統食品のくせに、現代人の私らにとって健康からほど遠いデブフード!って、知ってました?最近手作りする人も増えているけど、手作り=健康って気分だけ!材料やレシピを健康的か見分ける目がない人たちは、手作りとか伝統食品だからとかの”健康”気分に、なんとなくだまされていると思う。目を覚ましましょう。

    一般的レシピの材料は:
    青梅1Kgに対して、
    氷砂糖 400gー500g
    ホワイトリカー 1.8L
    これで、密封びん4Lに収まる分ができます。

    お菓子と同じで、実際作ってみたら、その精製白砂糖(氷砂糖)どっちゃりの激甘さと、これ化学物質じゃないの!と驚く、人工的なアルコール(ホワイトリカー)の刺激臭に辟易します。実際、市販品の梅酒なんて、私には飲めたもんじゃない。がーんと血糖値が上がり、甘ったるく、梅よりホワイトリカーの人工的匂いにうんざりします。古い梅酒だと、時代を経た”Aged”フレーバーで、ごまかされちゃいがちですが、私はだまされないぞっ!

    この梅酒こそ、モダンにアレンジし直さなきゃならない伝統食品のいい例。カロリー不足のひと昔前なら、かんたんに血糖値をあげて、元気になれた気がする白砂糖は、必需品だった。また、保存料のない昔は、天然の保存料である砂糖をどっちゃり入れたレシピが多いの。

    ジャムとか、和菓子とか、そしてもちろん梅酒も、手作りしてみると、その恐ろしい白砂糖の量にのけぞります。だいたい梅やフルーツと同じ重さから半分量もの白砂糖が入るのよ!ダイエットを気遣って砂糖の量を減らすと、腐っちゃったり、甘味を感じなくてまずいといわれたりする。つまり私たちの舌は、先祖代々、恐ろしい砂糖の量に慣らされてきたんですね。

    とはいえ、じゃあ、梅酒は健康に悪いからやーめた!とはならないのが、多少健康に悪くても、美味グルメもアクティブに追求したい、グリーングルメのいいところ。昔の一般的なレシピよりも、なるべく健康的になるように、でもおいしさや楽しさも損なわない、妥協、いやっ、美と健康のバランスのとれたモダン化されたクグリーングルメ・レシピを、探し出したり開発しちゃったりするのです。

    というわけで、今年はグリーングルメレシピで、2種類の梅酒を仕込むことに決定。

    レシピ1:マクロビアン風白抜き梅酒 
    レシピ2:こだわりグルメ寄りビート梅酒

    次回、できたら写真入りで、美健楽レシピ2種、つまり美味しさと健康的のバランスがとれた楽に作れるレシピを公開予定です。ご興味ある方は、↓レシピリクエスト・クリックしてね。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度も増える。。。かも。

続きを読む "グリーングルメな梅酒レシピとは美と健康のバランス点(妥協点!?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーングルメは7割伝統食で7割草食が大事:島バナナ@沖縄と南西諸島

    ↓の写真は、今日の朝ご飯(ぜんぶじゃなくて、1本だけですよ。私の基本は、朝はお水、お茶とフルーツのみダイエットなのです)。沖縄からの自分みやげに持ち帰った、島バナナです。もちろん完全オーガニック。というか、島じゃあ庭やら道ばたのバナナの木に勝手に実るので、農薬なんか全く必要ないのです。


    この島バナナ、オーガニックブーム、沖縄ブームの今ではすっかり高級品。ネットでは一枝(5ー8房)なんと1万円以上で売られているそうで、びっくりしました。私は昔、島をでて本土に引っ越したとき、バナナをお金を出して買うのにも、驚きましたけどね。島バナナはそれくらい、以前から島の生活にとけこんだ、伝統食材なのです。

    写真のは、私が沖縄の市場で、青い堅いバナナを一房500円で買ってきたもの。ベランダに1ー2週間ほどつるしておいたら、ようやく完熟してきました。

    最初は、東京の密閉された私のマンションの、狭いお部屋の中につるしておいたんです。そしたら、南国のあまーい強烈な香りがむせるようにたちこめ、小さい虫たちをたくさん引き寄せてしまったので、あわててベランダに移動。

    戸外のほうが虫が来そうですが、不思議なことに風通しのいいところには来ないんです。やはり島バナナは、なるたけ自然の状態においたほうがいいってことですね。

    最初っから黄色い熟れたバナナを買うよりも、島バナナはこういうふうに青いものを、お部屋のかもい何ぞにひっかけて、黄色くなったところからもいで食べていくのが、南西諸島エリアでの正しい食べ方なのです。

    南西諸島生まれの私には、

    さぼりがちですが、定期更新希望!な方は、↓を押して更新リクエストクリックをどうぞ。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度が増える。。。かも。

続きを読む "グリーングルメは7割伝統食で7割草食が大事:島バナナ@沖縄と南西諸島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーングルメなオキナワ健康食の本:★★★

    最近、沖縄健康食がマイブームで、私の中でまた再燃しています。その原因は、ずばりこの本。

    ★オキナワ式食生活革命
    鈴木信、他

   

    琉球大学医学部名誉教授の鈴木信先生が、カナダの研究者2人と共著した、沖縄の長寿健康食を分析した本。私は実はこの本の英語版を、アメリカのグリーングルメ栄養調理学校の図書館で見つけ、今回、たまたま日本語版が出ているのを知って購入してみた次第。

    この本、日本ではいまいち売れなかったみたいだけど、2001年にまずアメリカで出版されてベストセラーになった本の翻訳版なのです。だから、世界の健康食を30年以上研究し続けている私の母校も、重要保存本のひとつとして蔵書にしているのでした。

    英語で読んで、おおっこれはすごい!と思ったんだけど、日本語はさすがにわかりやすくて、もっといいわっ。ただ残念ながら、これだけ厚い本なのに、内容は英語版の前半部分しか訳されていないんです。つまりは、英語の原作本がかなり厚いってこと。

    この本の美健楽的評価は、もう文句なしの★★★

    +良い点は、

続きを読む前に、ポチ↓もよろしくね。

Google 検索
 
Wikipedia
 
Google 翻訳
 
価格比較
 
難易度判定
 
設 定

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度が増える。。。かも。

続きを読む "グリーングルメなオキナワ健康食の本:★★★"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

米国よりアガベ・ショック速報!実は健康に悪い!?でローフード人たちがパニック

    私がグリーングルメシェフの資格を取った学校のネットワークから、アメリカの健康オタクたちをパニックに陥れるような、衝撃的ニュースが2009年5月末に飛び込んできたので、速報します。それは、

    ★今まで、健康によいとされて人気急上昇だったアガベシロップ、ローアガベが、実は嘘、逆に体に悪い食材だった!らしい

    市販品アガベ・シロップやらメキシコでの製造法等を科学的に調べてみたら、なんと化学的処理をしたコーンシロップと同じくらい、健康に良くない“高度化学処理”されたものだったと判明したらしい。

高熱処理してないから、ローフード(リビングフードと呼ぶ人も)に最適といわれていたが、実はかなりの高温で処理されていたとか。また、100%アガベシロップというのはほとんどなくて、てんさい砂糖(たぶん精製したもの)などの、他の砂糖を混ぜ込んだりもしていたなどなど、ずさんな製造法・品質が明らかに。

 この第一速報情報では、なんとなくアガベ自体が悪いというよりも、化学処理・光熱処理という“悪い製造法”をされているアガベが出回っていて、見分けるすべがないというのが、悪い理由だともとれますけどね。

    実は私も、このブログでアガベを、こんな記事↓にとりあげて、健康的な茶色の糖分だとみなしていたので、ショック!NYでは、1ボトル買ってしばらく使ってみたこともあります。なーんか味が嫌で食べたくなくて、結局捨てちゃいましたけどね。

    ベジ人気急上昇のアガベシロップと茶砂糖の日米比較

    また、アメリカのウィキペディアでは、まだこの超最新情報は更新されておらず、

    “Raw agave nectar also has a mild, neutral taste. It is produced at temperatures below 118 degrees F to protect the natural enzymes, so this variety is an appropriate sweetener for raw foodists.”

    「ローアガベ・シロップはマイルドで自然な風味。118度(日本では約43度)以下の低温で処理されるので、自然の酵素(ナチュラルエンザイム)が保たれる。だから、ローフード主義者たちに最適な糖分だとみなされている。」

    という従来の説が書いてあります。日本の健康系サイトやブログをざっとみても、これをそのまんま受け売りしているところが、ほとんど。もともと日本では、アガベシロップはまだアメリカほど健康甘味料として普及していないので、ショックは少ないと思うのですが、

    さぼりがちですが、定期更新希望!な方は、↓を押して更新リクエストクリックをどうぞ。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度が増える。。。かも。

続きを読む "米国よりアガベ・ショック速報!実は健康に悪い!?でローフード人たちがパニック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »