« 【世界一の美女になるダイエット】実践レシピ始めます | トップページ | 美女朝食考察:まずい冷える青汁の改良レシピ »

世界一の美女朝食レシピと価格:“和製”グリーンカクテル

    さて、【世界一の美女になるダイエット】3週間実践レポ、7・27・2009の昨日からこの1週間は、ともあれ本に忠実にやってみる期間です。

本家のダイエットブログのほうにも関連記事があるので、ご興味あるかたはこちらをクリックしてどうぞ。ダイエットといっても、この本の場合“食事法”という意味みたい。内容的にもやせるためというよりも、あと2-3KG体を締めて、美肌やアンチエイジングを実践するための美容・健康食事法なので、健康食にご興味ある読者のみなさまにも、おもしろいかも。

さてこの【世界一の美女になるダイエット】本、見やすいようにレイアウトしてあるけど、それでも項目数が100近くある。それを、実践しやすいように【食事別】に分類整理しました。

    それによると、”世界一の美女の朝ごはんはグリーンカクテル”とのことで、私は大胆にも、    ★有機の大麦若葉青汁です★ をチョイス!

    

    1Morning1.jpg

    まず本の中で、朝ごはんについての記述があった部分は、

    ★グリーンカクテルっぽいものを飲む
    ★フルーツ、プロティン、またはオートミール: 具体的にはアボガドを塗った、全粒粉のパン一切れ、だとか。

    欧米人にとってグリーンカクテルというと、つまりは青野菜のしぼり汁。ミキサーやジューサーでフルーツも混ぜて、がーっと絞ったもののことだろうな。できたらオーガニックなものを!とかいうんだろうな。

★ほんとうは、この過去記事に書いたような、NYのジュースバー・リクイテリアの野菜メインジュースが理想的なはず。でもこういう本当のグリーンカクテルは、プロ仕様のジューサーがないと、家庭用のものじゃ絞れないのです。私はNYのホリスティック栄養料理学校ではこうしたジュースを絞ってたんですけど、日本ではそこまで強力なジューサーがないし、あっても数十万するので高くて買えません。。。

    でも家庭用でいまもっている、自分のジューサー、ミキサーで、自家製の野菜絞りを一応作ってみたの。しかーし、はっきりいって、まずい!、これ。フルーツをたしたら美味しくなるんだけど、“グリーンカクテル”というくらいで、フルーツスムージーじゃあないんだから、やはり野菜がメインよね。あと、毎日フレッシュな野菜とフルーツを忙しい朝に絞ってるひまもない。 ということで思いついたのが、

    ★そうだ!日本には、いい市販品のグリーンカクテル【青汁】があるじゃあないの! 

            梅雨明けして夏本番!と思ったら、また雨かいっ!

    読む前に、↓を1日1回ポチ応援して下さいまし。
    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度が増える。。。かも。

    つまり、青汁パウダーを水やらヨーグルトに溶いて飲めば、グリーンミックスになるはず。フルーツや野菜を全部オーガニックにして自分で作ってみたら、なんと1杯のグリーンカクテル・ジュースを作るのに700円以上かかったので、1回で挫折。毎日これじゃ、破産しちゃう。でも青汁にするなら、せめて質にはこだわりたいので:

    +オーガニック(有機栽培)の青汁
    +しかもケールよりも飲みやすい大麦若葉

    にしようと思いましたよ。それで探し当てたのが、↑で紹介したブランド。

    -国産ではない

    という欠点はあるんですが、ただでさえオーガニックの青汁は日本では少ないので、国産にまでこだわると、みつかりにくいし値段もいっきに高すぎるレベルになっちゃう。そこで外国産なのには目をつぶって、決めたのがこれ↑の写真(クリックすると、買えるお店へ飛べます)

    このケンコーコムは、お値段も良心的だし、約4千円以上買うと送料無料になるし、近所のドラッグストアで買うようなものが安くなっているので、4千円以上がすぐ達成できる。ということで、私が愛用しているオススメネットショップのひとつです。

    この青汁、30袋で900円+税金なので、1食分31-32円ほどと、コスパも抜群のお手軽値段。でお味は、

    ★まあ、飲めなくはないが、おいしい!とは思えない。。。

    うーん、1週間ほどで飽きそうだわ。でも、まずは本に忠実にグリーンカクテル!と飲んでみようと決めたので、基本はこれにします。ただし、たぶんフルーツやヨーグルトもプラスしないとまずくて続かなそうなので、その分も含め1ドリンク230円(フルーツ代200円くらいを含む)になりますか。

    で、そのほかの朝食として、
    ★全粒粉のパンやらオートミール
    ★アボガトをのっける
    ★プロティン(この本が勧める卵とかですかね)

    を少量、ね。たしかに、グリーンカクテルだけじゃあ、腹もちわるくて10時くらいにはおなかが空いちゃうの。だから、ちょっとしたタンパク質+全粒粉のカーボ、つまりオープンサンドを一切れ食べて、朝の活動エナジーを補給しようっていうのは、ホリスティック栄養学の理にもかなっております。というわけで、

    ★50%ライ麦で作っている(あとの半分は白い小麦粉)・ロブションのパン(2日分くらいのちっこいのが、なんと200円近く)と、
    ★アボガト(ナチュラルハウスで1個180円!高くない?)
    ★オーガニックの有精卵(6個399円、ひぇー、高い!)

    これ「アボガトのせたパン一切れ+ゆでたまご」つくるのに、かかる1食分のコストは

    パン100円
    アボカド1/4 45円
    ゆで卵1個 58-60円くらい
    ーーーーーーーーーーーーー
    200円くらい

    ですかね。普通の食材でよいならば、この1/3くらいとぐっとお安いのです。朝食ドリンクのグリーンカクテル(青汁)と合わせて、お金持ち用こだわりバージョン(手搾りグリーンカクテル)でいくなら、
    ●700+200=900円の朝食、
    市販品利用有機青汁利用ならば、
    ●232円+200=432円。

    ふむ、世界一の美女になるための朝ごはんは、1食あたり900-400円とやはりお安くはないよう。欧米人なら、これにさらにエリカさんが勧めるようなサプリ、マルチビタミンやら魚油タブレット(日本価格なら1食100-300円)をプラスするだろうから、ますますお高い。うーん、もっと身近な日本の食材で、もっと1食あたりのコストをさげるようなアレンジ法を考えねば。  それではまた。

    世界一の美女ダイエットの実践レポ記事が面白かったら、
↓を1日1回ポチ応援して下さいまし。

    にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ←更新頻度が増える。。。かも。

|

« 【世界一の美女になるダイエット】実践レシピ始めます | トップページ | 美女朝食考察:まずい冷える青汁の改良レシピ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29528/45765146

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一の美女朝食レシピと価格:“和製”グリーンカクテル:

« 【世界一の美女になるダイエット】実践レシピ始めます | トップページ | 美女朝食考察:まずい冷える青汁の改良レシピ »